Waseda Institute for Advanced Study (WIAS)早稲田大学 高等研究所

News

ニュース

高等研究所セミナーシリーズ 【グローバル・ヒストリー研究の新たな視角】公開講演会:「陸軍将校の国際移動と知の交流―デュ・ブスケを例に―」(7/31)

高等研究所セミナーシリーズ 【グローバル・ヒストリー研究の新たな視角】 公開講演会:
「陸軍将校の国際移動と知の交流―デュ・ブスケを例に―」(7/31)

趣旨

19世紀の陸軍将校には軍事に従事するだけでなく、国際移動による様々な知識の獲得・普及に貢献した者がいた。その多様な姿をアルベール・デュ・ブスケ(1837-1882)を例に紹介する。デュ・ブスケは現ベルギーに生まれ、サンシール陸軍士官学校に入学、卒業後はアルジェリア戦争、アロー戦争に従軍し、アラビア語と中国語を習得した。1867年、第1次フランス軍事顧問団の一員として来日し、維新後は在日フランス公使館付第一通弁官となる。1870年、陸軍大尉として兵部省、続いて1年後に左院、さらに1876年からは元老院付のお雇い外国人として活躍した。1878年にフランス公使館の専任通訳になるが、1882年、45歳の若さで東京にて死去する。デュ・ブスケはフランスの軍制・法制導入の先駆者のみならず、外交面・文化面でも日仏交流の端緒を開いた。

講演者

ベルランゲ河野紀子(リール大学教授)

日 時

2021年7月31日(土)14:00~17:00

会 場

ZOOMにて配信予定

プログラム

14:00~14:10  開会の挨拶と趣旨説明(谷口眞子)

14:10~15:10  「陸軍将校の国際移動と知の交流―デュ・ブスケを例に―」(ベルランゲ河野紀子)

15:10~15:30  休憩

15:30~16:55  討論

16:55~17:00  閉会の挨拶(谷口眞子)

司 会

谷口眞子(早稲田大学文学学術院教授)

対 象

学部生・大学院生・教職員・一般

主 催

早稲田大学 高等研究所

共 催

科研費基盤研究(A)「19世紀を中心とした軍事的学知をめぐる人と書物の交錯」、「戦争と社会の歴史」研究会

申込み

事前登録が必要です。以下URLよりご登録をお願いします。

https://zoom.us/meeting/register/tJYkd-2vqTooHdWVKa-Rv_FTHNZF-bEc_2aV

ポスター

こちらをご覧ください。

Dates
  • 0731

    SAT
    2021

Place

Online / ZOOM

Tags
Posted

Tue, 06 Jul 2021

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/wias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる