Waseda Weekly早稲田ウィークリー

大学フル活用

「低体温」は、どうすれば改善できますか?

【今週の相談】

「低体温」は、どうすれば改善できますか?
(社会科学部4年 女性)

 

ww1349_P4杜の相談室_藤尾さん_顔写真保健センター戸山分室
保健師 藤尾 法子
 (ふじお・ のりこ)

健康的な人の平熱は36.5 ~37.1℃といわれ、一般的に36℃以下は「低体温」と呼ばれています。「低体温」になると血流が悪くなるため、免疫力が低下し、ウイルスや細菌に負け、病気になりやすくなってしまいます。

免疫力を高めて健康を維持するためにも、まずは自分の平熱を知り、低体温の場合は改善策を試してみましょう。

自分の平熱を知るには、3 ~4日間、朝・昼・夜の体温を測って平均値を出す必要があります。

低体温は、明らかな病的原因がない場合、体を冷やさずに温める生活をすることで改善されます。

入浴…1日1回はお風呂に入って体温を上げます。大切なのは、毎日続けることです。シャワーではなく、必ず湯船に漬かりましょう。5分でも10分でも構いません。

スクワット…下半身の脂肪が落ちるとともに、必要な筋肉も付くので、ふくらはぎや太もも、腰などが引き締まった下半身をつくりながら、血行を良くすることができます。

さゆ(一度沸騰させ、人肌程度に冷ましたお湯)を飲む…朝は1日の中で最も体温が低い状態なので、冷たい水を飲むと体温が下がり過ぎてしまいます。朝は冷たい水ではなく、さゆを飲みましょう。夜寝る前にもさゆを飲むことで体が温まります。

腹巻き、カイロ、湯たんぽ…女性に限らず冷えは大敵です。寒い季節は、体を冷やさない工夫をしましょう。女性がズボンの下にタイツをはくように、男性もズボン下用の下着を1枚増やすことをお勧めします。

 低体温を改善するとこんなに良いことが!

◆ 基礎代謝が上がり、太りにくい体に
◆ ストレスに強く病気になりにくい
◆ 新陳代謝が活発になり老化防止に
◆ 内臓脂肪の解消で、メタボ対策に
◆ 腸が活発になり便秘やがんの予防に
◆ 脳の血行が良くなり記憶力の向上に

杜の相談室

早大に初の常勤精神科医 「一人で抱え込み過ぎず、まず誰かに相談を」

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる