Waseda Weekly早稲田ウィークリー

学生注目!

スチューデントジョブ 学生の横顔 創造理工・石井光さん「560サークルにプレゼン」

創造理工学部3年 石井 光(いしい・ひかり)さん

学生生活課SJC学生スタッフ

DSC_4401大学で重要な役割を担っている、キャンパスで学び、働く学生たち。実際の「学生参画・スチューデント・ジョブ(※)」にはどのような学生が、どのようなスケジュールで携わっているのか、収入面も含めてその横顔を紹介します。今回は学生生活課で学生参画・ジョブセンター(以下、SJC)の学生スタッフとしてカウン ター対応を行っている創造理工学部3年の石井光さんにお話を伺いました。

※)寮生活する学生を 支援する「RA(レジデント・アシスタント)」や、「キャンパスツアーガイド」として、大隈記念講堂など大学の各施設を紹介する学生の他、講義が行われて いる教室では、障がい学生支援室の有償ボランティアが目や耳が不自由な学生のために教科書代読・ノートテイクなどのサービスを提供しています。科目登録など新入生の大学生活をさまざまな面でサポートする「こうはい ナビ」スタッフ、海外留学を希望している学生の相談に乗る学生留学アドバイザーなどがあります。

Q.スチューデント・ジョブにはいつから関わるようになりましたか?

大学3年生に進学した2016年4月からです。

Q.学生生活課の学生スタッフになったきっかけはなんですか?

DSC_4402学生生活において、何か新しいことにチャレンジしてみようと思ったときに、学生生活課が学生スタッフを募集していることを知りました。学内で学生がアルバイトをするという経験はあまりできないと思ったので、この経験を通じて何か成長できるのではないかと思い応募しました。

Q.学業とスチューデントジョブ・サークル活動など、複数のことを両立させるために、どのような工夫をされていますか?

スケジュール管理を徹底しています。学業とスチューデントジョブ、サークル活動、学外のアルバイトを両立させるために、予定には必ず穴をあけないよう心がけています。また、先の予定も見据えて、計画を立てて行動するようにしています。

Q.SPEC(※)やスチューデント・ジョブについて感じたことを教えてください。

多くの職員の方々と一緒に働くことで、社会人として仕事をするということを意識できるようになったと思います。日々の業務でメールや電話のマナーを学ぶだけでなく、多くの学生の前でプレゼンテーションや説明会をするなど、普段の学生生活では経験できないような貴重な体験をさせてもらっていると感じています。また、学内で働くことで、移動時間のロスを作らずに授業の空き時間を有効活用できています。学生生活課で働くことで、大学がより身近になったように感じています。

また、2017年2月には公認サークルに対する補助金申請に関する説明会で、プレゼンテーションを担当しました。3月までに合計4回、約560団体に説明します。事前の知識がほとんどない学生に補助金に関することを説明するのは、授業で行う同じ知識を共有する学生へのプレゼンテーションとは違った工夫が必要です。この経験は大学の事業に携わっているという実感を得られるとともに、自分自身の成長への手応えを感じることができました。

Q.SPEC(※)やスチューデントジョブについて、足りない部分、大学側に提言したい部分はどのようなことでしょうか。

学生生活課にはサークル活動などに関わる課外活動デスクと、学生健康増進互助会などの補償を扱う厚生デスク、『早稲田ウィークリー』を発行する広報デスクがあります。私は課外活動デスクで働いていますが、他箇所の学生スタッフとより積極的に関わり、学生スタッフ同士で交流する場がもっとオープンにしていきたいです。

Q.2017年度の抱負をきかせてください。

学生スタッフという立場から、学生のためにある制度(サークルのための補助金制度)などをもっとわかりやすく、正しく利用してもらえるように、大学に提案していきたいと思っています。3年生の今年度は単位も取得しているのでアルバイトやサークルなど課外活動に多くの時間を割く事ができました。しかし、4年生になる2017年度は研究室に所属して品質管理などに関する研究をするため、学業に割く時間が増加します。大学院に進学しようと思っているので、スチューデントジョブを利用することで時間を有効活用し、学業面において集中して研究に打ち込みたいと思っています。

Q.大学や外部団体から奨学金は取得していますか? またアルバイトの月収はいくらになりますか? 取得している場合、具体的な奨学金の名称・金額を教えてください。

大学1年生のときと大学3年生のときに、「小野梓記念奨学金」(40万円)を取得しました。また、早朝に行っている学外のアルバイト(飲食店・小売り販売店)も含めると、毎月8~10万円の収入があります。

石井さんの週間スケジュール

【SPEC活動紹介】
学生参画活動を通じ大学改革へ SPEC、オープンキャンパスで初企画

SPEC「WASEトーーク」で語った志

「ストレスバスター」で試験勉強のストレスを吹き飛ばしました

※SPEC :Student Participation Encouragement Committee(日本語名称:学生参画運営委員会)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる