TWIns早稲田大学 先端生命医科学センター(TWIns)

News

ニュース

第1回日本医療研究開発大賞 表彰式が執り行われました

東京女子医科大学 先端生命医科学研究所と早稲田大学 先端生命医科学センターは、「第1回日本医療研究開発大賞 経済産業大臣賞」を受賞し、12月13日(水) 15時40分より総理大臣官邸にて表彰式が執り行われました。本賞の表彰は、世界の医療の発展に向けて医療分野の研究開発の推進に多大なる貢献をしたと認められる個人または団体に対して行われました。日本医療研究開発大賞は今年度新設された賞で、今回はその最初の受賞となりました。

第1回日本医療研究開発大賞 表彰式の様子

東京女子医科大学・早稲田大学の共同受賞のため、東京女子医科大学からは先端生命医科学研究所の清水達也所長が、早稲田大学からは先端生命医科学センターの柴田重信センター長が列席しました。

冒頭、安倍晋三内閣総理大臣より今回の受賞に関するご挨拶があり、これに続いて西銘恒三郎経済産業副大臣より清水達也所長、柴田重信センター長両名に「日本医療研究開発大賞 経済産業大臣賞」の表彰状が授与されました。

受賞の詳細とTWInsの功績

受賞内容:「東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設(TWIns)」等における医工連携を担う人材育成拠点の形成

TWInsでは、2008年の竣工以来、東京女子医科大学の持つ医学・医療の知識と早稲田大学の持つ理工学の知識を融合させ、生命医療系分野での先進的な研究を進めてきました。医学・工学・薬学・生物学などあらゆる分野の研究者が同一施設内で集学的研究開発および人材育成を展開し得る体制を整備したことが評価され、今回の受賞へと繋がりました。これまでの取組により、日本の医薬・医療機器産業の発展に多大な貢献を果たしたと評価されています。

TWInsは2018年度に設立10周年を迎えるにあたり、東京女子医科大学・早稲田大学共催の記念式典等も予定しており、今後益々の発展が期待されています。

先端生命医科学センター 柴田重信センター長 受賞のコメント

第1回日本医療研究開発大賞 経済産業大臣賞の授賞式に、早稲田大学先端生命医科学センターのセンター長として出席いたしました。

今回の受賞は、「TWIns等における医工連携を担う人材育成拠点の形成」ということであり、TWInsに所属する教職員の皆様の10年間の活動が認められたことになり、大変光栄に思っています。新しい研究分野の開拓にはそれを担う人材育成が重要であり、この受賞をバネに、TWInsが人材育成から基礎研究・開発応用研究まで世界に発信できる施設に発展することを期待したいと思います。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/twins/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる