Academic Liaison Section早稲田大学 教育連携課

2018年度新思考入試入学者のオリエンテーションを実施しました

2018年4月1日、大隈会館にて、2018年度新思考入試入学者のオリエンテーションを実施しました。この入試は、グローバルな視野と高い志を持って、社会的・文化的・学術的に地域へ貢献する意識を持つ学生を日本全国から集めることを目指す、早稲田大学にとって初の試みです。

2018年度は、新思考入試(地域連携型)により文化構想学部、文学部、商学部、人間科学部、スポーツ科学部の各学部に、また、新思考入試(北九州地域連携型推薦入試)により基幹理工学部に、日本各地から入学者を迎えました。

冒頭、鎌田総長は挨拶にて、「地域との連携は早稲田大学創設以来の伝統であり、これまでも地域で活躍する多数の校友を輩出してきた。皆さんにはこの伝統を担う者として、早稲田で経験を積み、積極的に地域に足を運んで地域課題の解決に取り組み、卒業後には日本全国で活躍する人材となることを期待している」と新入生を激励しました。

新入生は入学後、所属学部の学びに加え、地域と連携したワークショップやボランティア活動など、全学共通の課外プログラムにも参加していきます。

新思考入試(地域連携型)とは

これまでの学習や当該地域での経験を踏まえて充分に培われた「地域へ貢献」する意識を持つ人材を学習・研究・経験を活用し、地域の発展に貢献する人材へと育成・輩出することを目的としています。

また“単なる入口の改革”ではなく、入学後の教育やキャリアとも関連付けることを目標とします。そのため、本入試での入学者には、自身の所属学部の学修のみに限定されることなく、本学の教育連携プログラム参加、学生稲門会での活動、地域交流フォーラムへの協力、各地の校友の協力を得た形での出身地域でのインターンシップ等への参加を推奨し、大学は全面的にバックアップします。

さらに当入試による入学者で、「めざせ!都の西北奨学金」の申請資格に当てはまる者には、当該奨学金の支給を確約します。

詳しくはこちらをご覧ください。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sr/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる