Organization for Islamic Area Studies早稲田大学 イスラーム地域研究機構

News

【イベント】公募研究「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治についての多角的分析」公開研究会開催(10/14)のお知らせ【終了しました】

早稲田大学イスラーム地域研究機構では、平成29年度共同研究課題「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治についての多角的分析」の公開研究会を、以下の要領で行います。関心あられる方のご参加をお待ちしています。共同研究の概要については右のリンク先をご確認ください【公募研究】。

******************

● 日時
2017年10月14日(土曜)15:00~18:00

● 場所
早稲田大学早稲田キャンパス9号館558会議室
※ 早稲田キャンパスへのアクセス / キャンパス地図(PDF) 

● プログラム
(1)研究報告1
報告題:「「風紀」はどうつくられるのか:ムスリム女性の装いをめぐる事例から」
報告者:後藤絵美(東京大学)
概要:本報告では、一定の「風紀」が国家権力によって急激につくられた革命直後のイランと、大衆側から緩やかにつくられたエジプトの事例の両方を、「風紀」生成のプロセスの事例として検討する。

(2)研究報告2
報告題:「モールとムタワ、そして国家:サウジアラビアの事例から」
報告者:辻上奈美江(東京大学)
概要:本報告では、サウジアラビアの女性の唯一の「公共空間」とも言えるモールを、風紀と国家との関係から考察する。

(3)コメント
帯谷知可(京都大学)
中山紀子(中部大学)

(4)質疑応答

※各研究報告が45分程度、休憩を挟んでコメント・リプライ・質疑応答が70分程度を予定しています。
※本研究会は以下との共催で行われます。
京都大学東南アジア地域研究研究所CIRASセンター共同利用共同研究個別ユニット「社会主義を経たイスラーム地域のジェンダー・家族・モダニティ―中東イスラーム地域研究との架橋をめざして」(代表帯谷知可、平成29~30年度)

● 参加申し込み
資料準備の都合上、参加をご希望の方は事前に下記のメールアドレスに一報いただければ幸いです。
高尾賢一郎:takaokncr★gmail.com(★を@に変えてください)

● 懇親会
研究会終了後、懇親会を開催する予定です。こちらもふるってご参加下さい。

Dates
  • 1014

    SAT
    2017

Place

9号館558会議室

Tags
Posted

Thu, 14 Sep 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる