Waseda Weekly早稲田ウィークリー

早大生リポート

詩吟に合わせて剣や扇を持って舞っています!

早稲田愛あふれる仲間と充実したキャンパスライフ
詩吟・剣舞・扇舞サークル「稲吟会」

幹事長
教育学部 3年 入澤 陵太(いりさわ・りょうた)

私たち稲吟会は、伝統芸能サークルとして詩吟・剣舞・扇舞の練習・発表を行っています。漢詩に独特の節回しをつけて吟じることを「詩吟」と呼びますが、詳しくはぜひインターネットで調べてみてください。

学生会館の部室で、月~木曜日は昼に、金曜日は4限から6限まで詩吟や舞の練習を行っています。会員は皆、大学に入るまで未経験でしたが、師範の先生や先輩が優しく教えてくれます。昼の練習後はみんなでお昼ご飯を食べに行くことが多く、私は練習後のこの時間を通して、先輩方と仲良くなることができました。

合宿での練習の様子。先生から剣舞を教わっています

年2回、春と夏には合宿もあります。昨年の夏合宿では千葉県の海へ行き、練習後はバーベキューをやったり、海で泳いだりもしました。今年の春合宿は富士山の麓で練習をしました。合宿では、大会の審査員をするほどの先生に一から教えてもらうことができます。礼に始まり礼に終わる厳しい練習ですが、食事のときなどは先生がご自身の体験談など面白い話をしてくださり、とても楽しい合宿になっています。

発表会の最後に「会詩」と呼ばれる詩を吟じて発表会は終わりになります

毎年秋には発表会を行います。その年の成果を人前で披露する経験ができるので、私は発表会でメンタルが鍛えられた気がします。一人一人発表する演目の他に、「構成吟」という劇のような演目もあります。構成吟は一年間の練習の集大成なので、演目後に感極まる会員もいるほどです。

また、稲吟会では早大生ならではのイベントをコンプリートできるのも魅力です。野球早慶戦や早慶レガッタの観戦、百ハイ(本庄~早稲田100キロハイク)参加など、楽しいイベントがめじろ押しです。早稲田愛あふれる仲間たちと充実したキャンパスライフを送りましょう!

最後に、ここまで読んでくださった新入生にお得な情報です。稲吟会の新入生には昼飯を1年間ご馳走しますので、皆さんぜひ来てください! 声をたくさん出すのでストレス発散にもなりますし、剣舞・扇舞がやりたい初心者の方も大歓迎です。詩吟に合わせて剣や扇を振り回して華麗に舞ってみませんか?

100キロハイクが終わったときは、達成感があってとても気持ちよかったです

【公認サークル情報】
サークル名称:稲吟会
団体区分:学生の会
サークル創立年:1955年
ジャンル:日本文化
サークル活動日:毎週月~木曜日の昼休み・毎週金曜日4~6限
構成人数:26名(男12名、女14名)2018年3月現在
活動場所:学生会館など
Webサイト:http://hitakigp.raindrop.jp/togin-kai

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる