Waseda Weekly早稲田ウィークリー

早大生リポート

ジュノンボーイお勧め 所沢で人気の「とまとらーめん」

所(とこ)キャン生でなくても通いたくなる
「らーめん カッパハウス」

(写真提供:押田岳)

【紹介者】
人間科学部 2年
押田 岳(おしだ・がく)

所沢キャンパスの最寄り駅である西武池袋線小手指駅の2駅隣にある所沢駅は、東伏見や高田馬場方面へ向かう西武新宿線との乗り換え駅になっています。所沢キャンパスに通う学生は、大学帰りに寄ることも多いのではないでしょうか。

そんな所沢駅から徒歩3分、西武新宿線と西武池袋線の線路に挟まれた場所に「らーめん カッパハウス」があります。こちらは、今週の「ぴーぷる」にも登場した押田さんお勧めのラーメン店です。

外観は一見すると何のお店か分からないほどシンプル。店内はカウンター席とテーブル席があり、クリーム色の壁や白いタイル、暖色系のライトがカフェのような雰囲気を醸し出しています。スタッフの笹本さんいわく、客層は学生が多く、男女比はほぼ半々とのこと。女性が1人で来店することもよくあるそうです。

こちらの一番人気は「とまとらーめん」。豚骨、鶏ガラの動物系スープにトマトがたくさん入っています。トマトの酸味や甘みに加え、上に振り掛けられたブラックペッパーがアクセントになり味を引き締めます。また、自家製の細麺とスープがよく絡み、相性ばつぐん。全体としてはさっぱりとした味わいなので、女性でも食べやすい印象です。

とまとらーめん(税込み750円)

そして、この「とまとらーめん」にはもう一つの楽しみ方が……。サイドメニューの「チーズごはん」を残ったスープに入れると、まるでイタリア料理のリゾットのよう。ぜひ試してみてほしい一品です。

とまとらーめんは細麺を使用

その他の定番メニューは、「シーフードらーめん」「とまと味噌つけ麺」ですが、麺の太さが太麺、極太麺とそれぞれ異なるので、さまざまな味や食感が楽しめます。また、不定期で登場する限定ラーメンも注目です。社長自らが考案するという限定ラーメンは、過去には「あさりと菜の花の温つけ麺」「レモンらーめん」「牛ホホ肉と牛スジの赤ワイン煮込みぶっかけ」など、バラエティーに富んでいてどれも気になるものばかり。

なお、これらのメニューは、「麺少なめ」で注文すると、味玉などの好きなトッピングを一つサービスしてくれるので、小食の方やサイドメニューも頼みたいという人にお勧めです。

来店回数に応じてラーメンやトッピングがサービスとなるポイントカードもあります(写真手前)

他のラーメン屋とはひと味違うメニューを味わいに、所沢キャンパスの学生はもちろん、所沢に足を運ぶ機会のない人も訪れてみてはいかがでしょうか。

らーめん カッパハウス

【住所】 埼玉県所沢市旭町2-1
【TEL】 04-2996-5088
【営業時間】 平日11:00~15:00、17:00~22:00(土・日曜日、祝日11:00~22:00)
【Webサイト】
http://kappajapan.com/tokorozawa/
https://www.facebook.com/tokokappa/(Facebook)
https://twitter.com/tokokappa(Twitter)

 

アルバイトの齋藤裕巳(さいとう・ひろし)さん(写真左)は人間科学部4年生。1年生の時からアルバイトをしているとか

スタッフの笹本さん(写真右)、アルバイトの齋藤さん(写真左)から一言

「いつもご来店ありがとうございます。所沢キャンパス以外の学生の人もぜひお越しください。わざわざ足を運んでいただくだけの価値があります!」

 

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる