Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

~早稲田からフランスへ~“芸術の都”パリに恋して

一流の美術館や劇場で、一流の作品に触れる

文学部 5年 堀 由布子(ほり・ゆうこ)

オペラ座にて

フランスの首都パリにあるパリ・ディドロ大学(現在の名称はパリ大学)へ、2019年9月から2020年6月まで、1年間の交換留学をしました。パリ留学を決意した理由は、所属する文学部の専攻分野としてフランス語やフランス文化を学ぶ中で、「フランス語をさらに向上させたい」「フランス美術や演劇など、現地の芸術文化に触れたい」という気持ちが強くなったからです。中でも、さまざまな文化の中心であるパリで学びたいと考えました。

パリ・ディドロ大学の外観

パリ・ディドロ大学は、前述した分野を学べる環境にあったことに加え、日本語学部があるので、「そこで日本語や日本文化を学ぶフランス人学生と交流してみたい」と思い、志望しました。

クラスメイトとルーヴル美術館に行った時の写真(左端が筆者)

大学では、主に印象派などのフランス美術史や、オペラなどの舞台芸術に関する授業を履修していました。授業は全てフランス語だったため、留学当初は授業内容を聞き取ることが大変でした。それでも次第に慣れ、現地の学生とディスカッションをしたり、授業の一環として美術館を訪れた時はとても楽しく、充実した時間でした。

パリでの生活を通じて印象に残っているのは、現地の学生の積極性です。みんな授業にアクティブに参加していて、疑問点があればすぐに先生に質問します。活発に議論やプレゼンをする姿には本当に驚きました。そして、そのような積極性を私も見習いたいと思いましたし、彼らから多くのことを学ばせてもらいました。

ルーヴル美術館内。クラスメイトは、イギリス、イタリア、オランダなど、ヨーロッパからの留学生です(左から3人目が筆者)

現地での一番の思い出は、さまざまな国籍の人々と交流したことです。大学の日仏交流クラブで、フランス人学生と日本文化について語り合ったり、現地でミュージカルソングの習い事もしていたので、そこで地元住民の方と交流したり…多様な国籍や文化を持つ人々と関わったことで、自分の視野を広げることができました。

写真左:セーヌ川沿いの景色は最高でした。天気の良い日には、クラスメイトと河畔でピクニックをすることもありました
写真右:クラスメイトとセーヌ川クルーズをした時の写真。パリのシンボル、エッフェル塔を間近で見ることができました

新型コロナウイルス感染症の影響で、予定よりも早く2020年3月中旬に帰国することになり、残りの約3カ月間は日本で現地の授業をオンラインで受けました。最初は不安でしたが、先生方が対面授業の時と変わらず親身に接してくれたため、オンラインでも安心して留学を続けることができました。

留学中は、フランス文化の魅力を学んだのと同時に、日本の良さを再認識することもできました。この留学経験を生かし、卒業後は日本の魅力を世界に発信することで、日本と世界をつなぐような仕事をしたいと考えています。そして、将来はグローバルに活躍する人材になりたいと思っています。

~パリに行って驚いたこと~

フランスは学生にとても親切な国です。パリには数多くの美術館や博物館、劇場などがありますが、学生であれば留学生でも無料か割引料金で何度も訪れることができます。ルーヴル美術館やオルセー美術館など、大規模の文化施設も基本的に無料で入れますし、オペラ座などの劇場では、一番良い席のチケットを一般の5分の1ほどの価格で買うことができます。滞在中は一流の美術館や劇場で、一流の作品に触れることができました。

オペラ座の内観。豪華絢爛(けんらん)な雰囲気がとてもすてきでした。初回は『椿姫』を観劇。その後10回くらい訪れています

また、大学の学食も、前菜、メインディッシュ、デザートまで、全て合わせて約3ユーロで食べることができます。その他にも住宅手当のシステムがあるなど、フランスでの生活は非常に過ごしやすいものでした。今後フランス留学をする際は、これらの制度を活用してみてください。

大学の学食は、約3ユーロ(※2019年9月時点のレートで1ユーロ約120円)という値段の割に、とても量が多く、メニューも毎日変わるので満足できます。現地の友人と授業終わりによく行っていました

フランス・パリはこんなところ

フランスの首都。イギリス・ロンドンと共に欧州を代表する世界都市。ルーヴル美術館がある1区を中心に、時計回りに20の行政区が並び、「エスカルゴ」と形容される。面積は17,174km2。人口は約220万人(2020年1月)。世界屈指の観光都市で、ルーヴル美術館、ポンピドゥーセンターなどの一流の美術館や、世界最古のバレエ団や劇団などの公演を楽しむこともできる。東京からパリまでのフライト時間は約12時間30分。時差は日本より-7時間(冬時間は-8時間)。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる