Waseda Weekly早稲田ウィークリー

「山頂での3分間」ヒマラヤ未踏峰で見た景色の価値 早大山岳部×石川直樹

誰も踏み入れたことのない山に登る未踏峰は登山の「最大級」

ヒマラヤ未踏峰のラジョダダ(標高6,426m)を制覇し、「情報も写真もない、地図すら正しいか分からない場所に行く」という偉業を成し遂げた早大隊(早大山岳部OB・現役)と、七大陸最高峰を世界最年少(2001年当時)で制覇した経験を持つ写真家の石川直樹さん(2002年第二文学部卒)。

前編では、石川さんを聞き手に早大隊3人にラジョダダ登頂のお話を伺い、未踏峰に登る喜びや苦労を語ってもらいました。後編では「登山」や「冒険」を通じて得られた登山家たちの哲学に焦点を当ててお話を伺います。

世界最高峰のエベレストでさえも、登り方がネットで簡単に検索でき、年間数百人もの人が登頂できるようになった現代。そんな時代における「冒険」の価値とは? そして、そもそもいったいなぜ、山に魅せられるのか? 彼らが口にしたのは、登山をする人々に限らず、日々を生きる私たちの追い風となる言葉でした。

左から早大隊の福田倫史さん、鈴木雄大さん、写真家・石川直樹さん、早大隊の萩原鼓十郎さん

前編では、ラジョダダ登頂の詳細をお伺いしました。後編では、登山や冒険の魅力について伺っていきたいと思います。日本で普通に生活している人からすれば、やはり命の危険を冒してまで冒険をすることの本当の魅力は分かりません。皆さんは、なぜ冒険に駆られるのでしょうか?

石川
僕は「楽しいから」ですね。見たこともないものに出合っている、新しい世界に出合っている。自分の身体を最大限に使って生きている、ということが楽しいんです。

つまり、「生」を感じられるということですか?

石川
そんなかっこいいものではないですが、全身を使って生きて、いつもとは違う世界の真っただ中にいるということが楽しいんですよね。
福田
僕の場合は、楽しさももちろんありますが、「美しさ」も理由の一つです。

自然が生み出す美しさでしょうか?

福田
それだけではありません。仲間同士で登って絆や友情を深めるということ、あるいは自分が山に向かうという意思、山岳部であればOB・OGが長く培ってきた歴史もあります。そういったものを全部含めて「美しい」と感じられるのが登山の経験なんです。

その美しさは、麓から見上げているだけでは感じることができません。山に登ってそれらを体感することによって、奥深い美しさが分かってくる。それが最大の魅力ですね。

人との「つながり」の美しさを実感できるんですね。

萩原
僕は高校時代にサッカー部に入っていたんですが、一緒にサッカーをしていた仲間がプロになっていく中で、悔しさを感じていました。そこで自分にとって、彼らがサッカーに向けている情熱と同じか、それ以上の情熱を注げる場所を探して、大学では山岳部に入部したんです。情熱を持ち、後先考えずに突っ込んでいけるという自分の強みも生かせるのが登山なんです。

鈴木さんはいかがでしょうか?

鈴木
自分の体力や技術がついていけば、もっともっと知らない世界を見ることができるのが登山です。2015年に登ったアイランドピークはヒマラヤ山脈の中では入門編という山ですが、自分にとってはとても大きな挑戦でした。アイランドピークの登頂が成功し、今度は未踏峰のラジョダダも登頂することができた。今後も自分の実力を上げていけば、さらに見たことのない世界を見ることができます。それが、山の世界にのめり込んでいく魅力ですね。
萩原
鈴木はこの後また1カ月間アメリカへ行くんだよね?
鈴木
現地に友達がいるのでクライミング(※岩登り)に行きます。4月から就職するので、残りのチャンスを有効に使いたいんです。

就職が決まっていても、まだまだ実力を向上させたいという気持ちに変化はないんですね。ところで、石川さんは著書『For Everest ちょっと世界のてっぺんまで』(リトルモア)で「登山は人生を豊かにする」と書いています。いったい、登山のどのような部分から「人生を豊かにする」と感じるのでしょうか?

ラジョダダ登頂時、拠点としていたキャンプに差し込む夕陽

石川
登山をすると、普段街で生きていることを相対化して見ることができるようになります。水道の蛇口をひねったら水が出るし、コンロをつけたら火が出る、スイッチを押せば電気がつく…そういう便利な生活がいかにありがたいことであるかを感じます。
普段の暮らしでは普通に息をして、決まった時間にご飯を食べることが当たり前ですが、登山をすれば動くためにご飯を食べ、生きるために呼吸をします。生きることに対して意識的になり、自分がさまざまなものに生かされていて、いろいろなつながりの中にあるんだ、と感じさせてもらえる。そんな些細な気づきこそが、登山の「豊かさ」なのではないかと思います。分かりきったことのように聞こえてしまうかもしれませんが…。

呼吸さえも満足にできない環境…。生きることを見直せる体験なんて、そうそうないですものね。早大隊の皆さんも、登山が人生を豊かにすると感じますか?

萩原
山岳部には、一人で山に行ってはいけないというルールがあります。登山中に何かトラブルがあったときには、必ず他のメンバーと議論をしなければならないんです。

第1キャンプのテント内、仲良く食事をとる早大隊

今回の登頂であれば、福田が登頂直前のアタックキャンプで、再び高山病で倒れました。そのときに、福田を下山させて2人だけで山頂を目指すのか、福田の回復を待って3人で登頂するのかという議論をしました。命が掛かっているから、年齢も経験も関係ない本音の議論です。普段、そのようなコミュニケーションを取ることはほとんどないでしょう。そんな関係性は、登山を通じて学びました。

本気でぶつかり合う経験が、会社などの日常生活でも役立つ、と。

石川
ただ、それが発展して、時々エグいけんかになる登山隊もあります。3人が本音でぶつかっても関係が崩れなかったのは、同じ山岳部の仲間であり、強い友情や敬意で結ばれていたからでしょうね。
「エベレストは登り方がシステム化された」

石川さんは、北米大陸最高峰のデナリ(※2015年までマッキンリーと呼ばれていた。標高6,190m) 、南米大陸最高峰のアコンカグア(6,960m)などに一人で登頂しています。早大隊の皆さんのようにチームで登ることと一人で登ることの違いはありますか?

石川
一人で登るのも楽しいですが、グループで登るのも素晴らしいですよね。僕は逆に3人がうらやましいです。

というと?

石川
僕は早稲田大学に入学し、探検部(※公認サークル)に顔を出していたのですが、結局入部しませんでした。当時は、誰のせいにもできない、何が起こっても自分のせいでしかないという自由が欲しかったんです。僕は一人でやることに慣れてしまいましたが、コミュニケーションをしっかり取り、チームとして登山をする3人は単純にいいなあと思います。

逆に、早大隊の皆さんは、石川さんのように一人で登頂することに対する憧れはあるのでしょうか?

萩原
自分にはできないことです。チームで登山をすれば、自分が間違っていたときも誰かが気付いて「違うよ」と指摘してくれる。高所で疲労が蓄積すると、どうしても頭がぼーっとして冷静な判断が下せないときもあります。そのときに、一人で全てを解決できるのは本当にすごいと思います。でも、やはり一人であることの怖さもありますよね?
石川
2016年にデナリに一人で登頂したときも、クレバス(※氷河や雪渓などの割れ目)に落ちたり、滑落したらもう助からないという怖さとは常に隣り合わせでした。

けれども、自分で天候を見て、自分で食料の配分を考えて、疲れたら休み、行きたかったら行く。そういう自由を享受することができるのが一人で登ることの魅力ですね。

そもそも石川さんは登山家ではなく写真家と名乗っていますよね。自分は登山家ではないという意識が強いのでしょうか?

石川
僕は登山を職業にするつもりもないし、名乗れるほどの技術も持ち合わせていないです。旅の延長で山に登り、写真を撮ったり、文章を書いたりしている。登山をするときにも、僕の場合は表現をすることが付随してきます。だから自分のことを登山家とは名乗れないですよ。

ブロードピークの最終キャンプからK2を望む(石川直樹さんの写真集『K2』(SLANT)より)https://www.youtube.com/watch?v=BbUU211B7TE

純粋に頂上に達するということを目的とし、実際に未踏峰の頂に立った彼らがやっている行為は登山の本質に極めて近いのかなと思います。彼らは、誰かが行った場所をたどるのではなく、真っ白いキャンバスの上に自分たちで線を引いてきたわけですから。

石川さんはエベレスト(8,848m)にも2度登頂していますが、未踏峰を目指すことと、8,000メートル級の山を制覇することの意味は違うものでしょうか?

石川
違うかもしれませんね。僕が登頂したエベレストは、何千人もの人がすでに登っていて、システム化された登り方が確立してしまっています。
けれども、ラジョダダのような未踏峰の場合、正確な地図もなければシステムもない。登頂経験者もいません。インターネットで検索しても誰かに聞いても、何も情報のない場所に自分たちの力で進んでいくんですから、登山の質としてはやはり違ってきますよね。
萩原
ただ、未踏峰を目指すことと高い山を目指すことは優劣の問題ではないと思います。その人がどんなスタイルで登ることを選ぶか、という違いがあるだけです。未踏峰を目指すことも高所を目指すことも、どちらも登山の楽しさや冒険の価値があることは、間違いありません。
次は“宇宙登山”へ火星オリンポス山に登る日

皆さんが、今後冒険したいところはどこでしょうか?

鈴木
僕はたくさんあるんですが、一つは南米のパタゴニア地方に行きたいと思っています。日本の真裏に位置するパタゴニアには、日本にはないような大岩壁や氷河がそびえています。いつか登ってみたいですね。ただそこを登るには、僕のクライミング技術ではまだ足りない。まずはアメリカで頑張らなければと思っています。
福田
僕も南米には行きたいですね。それに北極やアラスカといった地球の果てには子どものころから憧れがあります。

萩原さんはいかがでしょうか?

萩原
今回ヒマラヤの未踏峰に登り、スケールは違いますが、雪質や岩の質は日本の山とそんなに変わらないなと思いました。誤解を恐れずに言えば、地球上である限り、大小の差こそあれど風景に変わりはない。「こんなものなんだな」というのが本当の正直な感想です。
だから、いつか僕は宇宙に行きたいと思っています。今は誰かが宇宙をこじ開けるべき時代であり、僕はそこに挑戦したいです。それに、宇宙に行けば見たこともない山もたくさんある。火星にあるオリンポス山はエベレストの3倍近くもの高さがあるんですよ! 「宇宙で登山」という時代が来てもおかしくないと思っています。

地球外の未踏峰を制覇する!?

萩原
はい、冗談ではなく、結構本気で思っています。だから次の仕事も宇宙関係に携わる予定です。

目指すのは「記録」ではなく、「登りたい」という内なる衝動に従うことなのでしょうか?

福田
山に登ったからといって、大きな評価が得られるわけではありません。単純に評価を得たいのであれば、もっと簡単に得る方法はいくらでもあります。記録として認められるということは、あまり重要だとは感じていません。
石川
究極の自己満足ですよね。山なんて地球の単なる出っ張りに過ぎません。その上に立って「俺は登頂したぞ!」と言っているなんて滑稽なことかもしれない。けれども、そこでは確実に充実した経験が得られます。

その心の奥底に湧くような喜びは、登った当人にしか分からないもの。だから、高い山や誰も登ったことのない山に登る、という経験は一生の宝物なんです。

ラジョダダ登頂を達成した瞬間の3人の笑顔

石川さんの次の冒険は?

石川
2015年にK2(※カラコルム山脈にある標高世界第2位の山で、エベレストよりも登頂の難易度が高いと言われる。標高8,611m)の登頂を試みましたが、頻発する雪崩などによって断念せざるを得ませんでした。だから、次は頂上に行ってその過程を写真を撮りたいですね。

ただ、もう20年くらい旅を続け、年齢も40歳になりました。行きたい場所もあるし、やりたいこともまだまだあるけど、今後はもうちょっと登山や冒険の楽しさを多くの人と分かち合う仕事を増やしていきたいと思っています。
萩原
年齢や経験を重ねることで、登山や冒険に対する感じ方も変わっていくんでしょうか?
石川
20歳のときは、僕も未踏峰への遠征だったり、誰もやったことのない冒険を突き詰めたいと思っていました。もちろんそれはそれで今もやりたいことなんですが、年齢を重ねて登山や極地遠征以外でも「未知のもの」を探求したい、という気持ちになっています。

さっき萩原君の言った宇宙もすごく魅力的だし、ぜひ達成してほしいですが、冒険だけでなく…例えば人間の内面にも分からないことはたくさんあります。そういう意味では、年齢を重ねるごとに選択肢は、どんどん広がっていきますよ。
3人
ありがとうございます!
プロフィール

早大山岳部
隊長・萩原 鼓十郎(はぎはら・こじゅうろう)
2015年政治経済学部卒業。山岳部元主将。大学在学中にはヨーロッパアルプスにも挑戦。卒業後は大手商社に勤務するも、今回の遠征を機に退職。遠征参加決定後は現役に混じり合宿遠征にも参加するなど、ハードなトレーニングを積んでいる。座右の銘は「人生スリルとロマン」。
副隊長・鈴木 雄大(すずき・ゆうだい)
2017年9月法学部卒業。2016年には米国・オレゴンへ1年間の交換留学。これまでで印象に残っているのは、世界遺産ヨセミテ国立公園にある世界最大の一枚岩花崗岩エルキャピタンのノーズで、4日間かけて高低差1,000mの垂直な岩壁を登りきったこと。
隊員・福田 倫史(ふくだ・のりふみ)
スポーツ科学部4年 山岳部主将。栃木県出身。県立宇都宮高等学校卒業。高校時代に山岳部の顧問だった恩師の影響を受けて登山を始める。大学では一流の環境で登山をしたいと思い、大学選びの段階から山岳部の強い大学に絞り、念願の早稲田大学へ入学と同時に山岳部へ入部。

石川直樹
1977年東京都生まれ。写真家。2002年早稲田大学第二文学部卒業。2008年東京芸術大学大学院美術研究科博士課程修了。高校2年生のときにインド、ネパールへ一人旅に出て以来、2000年に北極から南極までを人力で踏破するPole to Poleプロジェクト、翌2001年に七大陸最高峰の最年少登頂(当時)、熱気球による太平洋横断など、旅をするように世界中で冒険を行う。
主な著書・作品に、開高健ノンフィクション賞受賞『最後の冒険家』(集英社)、日本写真協会新人賞受賞『NEW DIMENSION』(赤々舎)、講談社出版文化賞受賞『POLAR』(リトルモア)、土門拳賞受賞『CORONA』(青土社)、ヒマラヤの8,000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)などがある。
http://www.straightree.com/

取材・文:萩原 雄太(はぎわら・ゆうた)
1983年生まれ、かもめマシーン主宰。演出家・劇作家・フリーライター。早稲田大学在学中より演劇活動を開始。愛知県文化振興事業団が主催する『第13回AAF戯曲賞』、『利賀演劇人コンクール2016』優秀演出家賞、『浅草キッド「本業」読書感想文コンクール』優秀賞受賞。かもめマシーンの作品のほか、手塚夏子『私的解剖実験6 虚像からの旅立ち』にはパフォーマーとして出演。
http://www.kamomemachine.com/
撮影:きくちよしみ
撮影協力
エナジークライミングジム高田馬場店
http://www7a.biglobe.ne.jp/~energy/

カモシカスポーツ本店
http://kamoshika.co.jp/
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる