Waseda Weekly早稲田ウィークリー

特集

【日本生命編】人事担当者に聞く「知りたいのは何を達成したかではない」

業界を絞る前に幅広くさまざまな分野の仕事や企業を知ることも大事

就職活動において、企業は学生のどこに注目しているのか? 多くの学生が気になるところでしょう。今回は、早稲田大学キャリアセンターの学生キャリアスタッフ(SCS※)が、生命保険業界のリーディングカンパニーである「日本生命保険相互会社」と、独立系の繊維専門商社として国内トップを誇る「豊島株式会社」の人事担当者を訪問。就職活動における素朴な疑問を聞いてきました。

SCSの宮﨑桜子さん(教育学部2年)が訪れたのは日本生命保険相互会社。お客様数・総資産共に世界的にもトップクラスの水準を誇る生命保険会社です。今回のインタビューは宮﨑さんにとって、さまざまなジャンルを見てから自分に合った会社選びをするきっかけになったようです。

※SCS:Student Career Staffの略。早稲田大学キャリアセンターでイベント・企画の立案・運営・情報発信を担う学生スタッフ

日本生命保険相互会社

人材開発部 課長補佐 久保 諒太さん
人材開発部 副主任 星乃 里穂さん

(左から)星乃さん、宮﨑さん、久保さん(東京本部、東京都千代田区)

インタビュアー:SCS 宮﨑 桜子(みやざき・さくらこ、教育学部2年)

御社の仕事の特徴や企業風土について教えてください。

星乃さん どんな仕事でもチームプレイで進めていくのが特徴です。例えば営業は一人でやる仕事だと思われがちですが、実際は上司や先輩が営業拠点で事前にお客様に対する提案の練習をしてくれたり、「こういう質問をされるよ」と教えてくれたり、常にチームで助けてくれる文化があります。また、人を大事にする会社で、人材育成に力を入れています。「ニッセイアフタースクール」など自己研鑽(けんさん)のプログラムも充実していますし、職員一人一人が成長できるフィールドが用意されているなと感じます。

久保さん 当社はさまざまな業務フィールドがあり、ジェネラリストもスペシャリストもそろっていて、やはりチームワークを大切に業務遂行しています。例えば当社はシステム部門が充実しており、そのスペシャリストが社内のあらゆる部門を巻き込んで、さらには名だたるシステム企業も巻き込んで大きなプロジェクトをやらせていただく機会も多いです。

ちなみに、2021年入社については現時点では未定ですが、新卒採用においては例年「IT戦略コース」と銘打って専門の間口を設けるなど、専門人材の採用・育成に取り組んでいます。とりわけ理系のスペシャリスト志向の学生さんからは当社はなかなか候補に入れてもらいにくいのですが、そういった観点でも当社を候補に入れてもらえたらと思っています。

若手職員の活躍について気になります。

星乃さん 私は2年目ですが、九州地区の採用を一人で担当するなど、責任ある仕事を任されています。自分の意見が実現できる組織文化があり、若手から活躍できる会社だと感じています。

久保さん そうですね。若手を含めあらゆる場面で常に意見を求められますし、実際にやってみなさいと任されることもあります。先輩職員からのアシストやアドバイスも充実していて、挑戦する職員をバックアップしてくれますね。

女性職員の活躍についてはどうでしょうか。

食堂など、普段とは違う場所で気分を変えて仕事することもできるそう

星乃さん 男女差は一切ないと思います。私が当社に入るきっかけになった女性の先輩職員は、とても熱い思いを持って仕事をしている方で、性別にかかわらず活躍できる会社だと感じました。実際に役職についている女性職員の数も年々増加しています。

久保さん もはや“女性の活躍”を特別に意識することはないですね。育休の取得率は男性も6年連続100%ですし、小さい子どもがいる職員は男女問わず残業しないように周囲が配慮するなど、誰もが働きやすい環境を後押ししている会社です。

ご自身の就職活動で御社に決めた理由は何でしょうか。

星乃さん 私が就職活動の軸にしていたのは、その会社で誇りを持って働けるかということです。その中でなぜ当社だったかというと、私が会った7人の先輩職員が皆、自身の仕事の話をいきいきと語ってくれ、輝いて見えたからです。また、尊敬できる先輩ばかりで、この会社でなら私も誇りを持って働けそうと感じたからです。

久保さん 私もそうですね。就職活動で会った何人もの先輩職員が、一番楽しそうに会社や仕事の話をしてくれました。入社の決め手が「人」というのは学生にとってつまらない答えかもしれませんが、仕事では、何をするかはもちろん、誰とどうやるかということがより大事です。そういう意味で、「人」という答えは普遍的なものだと思いますね。

どのような学生や人材を求めていますか。

東京駅前にある東京本部(日本生命丸の内ビル)

星乃さん 当社は求める人物像として、「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている人」「生命保険事業の根幹である相互扶助に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人」「ハートフルな人」という三つを挙げています。これら全てを満たしている必要はなく、一つでも持っている方、もしくはポテンシャルがある方を歓迎します。この言葉を私なりに言い換えるなら、「社会に貢献しようとする気持ちが強い人」「相手を思う気持ちがある人」ですね。

久保さん この言葉には職員ごとの解釈があると感じていて、私としては、「思いを込めて仕事ができる人」ではないかなと思います。当社はお客様からの保険料で成り立っている会社ですが、お客様に対する思いであったり、同僚や仕事に対する思いであったり、または生命保険事業の理念だったり、そうしたことを大事にできる人と一緒に働きたいです。

面接で学生が注意するべきことは何でしょうか。

星乃さん どこかで借りてきたような言葉ではなく、自分の言葉で、自分の思いをしっかり表現することが大切です。面接対策本などで練習した言葉より、自分のやりたいことや、仕事や企業に対する思いを一生懸命伝えようとする姿勢が、きっと面接官の心に響くはずです。

久保さん 面接ではどうしても自分を150%に見せようとしがちですが、面接官が見ているのは、結局ありのままのその人自身です。話すのが苦手な人であってもまずは「伝えたい思い」を自分の中にしっかり持つこと、それさえあれば、飾らなくても人柄は伝わります。

選考で印象に残る学生はどのような学生ですか。

星乃さん 自分がやりたいことを具体的に持っている学生や素直な学生は印象に残りますね。素直であるということは、それだけ吸収する器があり、成長できるということだと思います。今後の人生の中で、周囲から学ぶことは非常に多いので、学ぶ姿勢のある素直な学生は「成長しそうだな」と特に印象に残ります。

久保さん 何でも従う人という意味ではなく、素直なことは大事ですね。また、私は常に考えて行動している学生が印象に残ります。面接では学生時代に力を入れたことについて話してもらう機会が多いですが、知りたいのは何を達成したかではなく、そこに至るまでにどう考えてどう行動したかなので、日常生活に関することでも構いません。一番印象に残っているのは普段の生活についてきちんとプロセスを含めていかに考えながら過ごしているかを話してくれた学生ですね。

最後に、学生に向けてメッセージをお願いします。

星乃さん 将来の就職活動が不安な方も多いと思います。その中でも自分が何を一番大事にしたいか、仕事や企業を選ぶ軸をしっかり持った上で就職活動をすれば、自分に合う仕事や企業がきっと見つかります。

久保さん 最終的に最良の選択をするために、まずは業界を絞る前に幅広くさまざまな分野の仕事や企業を知ることも大事ですね。自分の可能性を最大限に引き出せるよう、好き嫌いせず何でも挑戦してほしいです。

文=小堀芙由子(2009年、政治経済学部卒)
撮影=石垣星児

企業選びもビュッフェと同じ

久保さんと星乃さんが、会社の魅力として「人」を真っ先に挙げられたことが印象的でした。実際にお二人も、上司・部下という関係性にもかかわらず和気あいあいとした雰囲気で話されていました。これは、今回お話しいただいた日本生命の「人を大事にする文化」にも直結していると思います。

また、久保さんからは企業選びに関して「ビュッフェ」に例えてアドバイスをいただきました。「あなたはサラダが好きかもしれない。でもそれはビュッフェでハンバーグもパスタもいろんなものを食べた後に気付いたことでしょうか。サラダだけを食べて『サラダが好きです』と言っても説得力がありません」。企業選びもビュッフェと同じで、まずいろんなジャンルを見てから絞ることが大事だと教わりました。私も"バランスよくビュッフェを回り”、自分に合った企業選びをしたいと思います。

【次回フォーカス予告】12月16日(月)公開「箱根駅伝特集」

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる