Waseda Weekly早稲田ウィークリー

早稲田の学問

吉藤オリィ × 菅野重樹 ロボットは家族になれるのか?

「OriHime」と「TWENDY-ONE」

自分の分身になるコミュニケーションロボット「OriHime」の開発者である吉藤健太朗さんと、人間の生活をサポートすることを目的とした人間共存ロボット「TWENDY-ONE」を開発した菅野重樹教授が、ロボットと家族の関わりについて、さまざまな視点から語り合いました。

株式会社オリィ研究所 代表 ロボットコミュニケーター 吉藤 健太朗(よしふじ・けんたろう)

1987年生まれ。早稲田大学創造理工学部卒業。中学生の時「ロボフェスタ2001」関西大会で準優勝。車椅子の開発で「JSEC」で文部科学大臣賞、世界大会の「ISEF」でエンジニアリング部門3位を受賞。2009年から孤独解消を目的とした分身ロボットに取り組み、2012年に株式会社オリィ研究所を設立。青年版国民栄誉賞「人間力大賞」、スタンフォード大学E-bootCamp日本代表、フォーブス誌が選ぶアジアを代表する青年30人「30 Under 30 2016ASIA」などを受賞。「吉藤オリィ」としてSNSで積極的に情報発信。

理工学術院教授 菅野 重樹(すがの・しげき)

1981年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。同大学大学院修士・博士課程を経て、1986年同大学理工学部助手。工学博士。同大学専任講師、助教授を経て1998年より同教授。2007年より早稲田大学創造理工学部総合機械工学科教授。2014年より早稲田大学創造理工学部学部長/研究科長。バイオメカニズムの視点から見直した人間機械系の人間共存ロボット、ヒューマン・ロボットコミュニケーションへの適用に興味がある。2017年「文部科学大臣表彰科学技術賞」受賞。

コミュニケーションロボット「OriHime」  自分の分身として、人をつなぐロボット

距離や身体的理由によって、行きたいところに行けない人の分身になるロボット。カメラ、マイク、スピーカーが搭載され、家や会社、行きたい場所に置き、スマートフォンのアプリやインターネットを介して操作することが可能。「OriHime」を通して「あたかもそこにその人がいるように」会話をすることができる。

利用者の例
■病気の療養や身体的問題で外出ができない人
■単身赴任で家族と離れて生活しなければならない人
■精神的な理由などで学校に行けない人
■育児や介護、けがなどが理由で出勤ができない人

 

 

人間共存ロボット「TWENDY-ONE」  人間と共存し、支援するロボット

身体各部に搭載した外力吸収機能、なじみ機能を用いて、生活環境に内在するさまざまな誤差を吸収しつつ作業を遂行する。同時に人間との触れ合い時には高い応答性と適応能力を発揮する。これらの技術を生かし、家事支援、介助支援を実現している。

利用者の例
■家事の支援が必要な人
■身体的な介助を必要とする人

家族とは理由もなく一緒にいられる存在

菅野

世間ではよく「将来、ロボットは家族になるか」ということが話題に上っていますが、吉藤さんはどうお考えですか。

吉藤

家族というものを私なりに定義すると、「相互に家族だと認識していて、何の理由もなく一緒にいられる場所がある」ということです。この居場所を仮にファミリーとテリトリーの造語で“ファミトリー”と名付けましょう。私は学生時代からシェアハウスで6年以上一緒に住んでいる仲間がいますが、この定義からすれば、彼らは家族です。

菅野

家族を広く捉えているのですね。一般的に家族というと血縁関係を指すことが多いと思いますが、吉藤さんの定義では、血縁は関係ないということですね。

吉藤

血縁があっても、一方が縁を切りたいと思っていたら家族とは言えないと思います。恋人同士や親友同士と同じで、お互いを家族と考えていることが、重要なのではないでしょうか。

菅野

それであればロボットと家族になることは可能ですね。ロボットが家族の一員となるためには、ロボット自体の自立性が必要です。吉藤さんが開発したOriHimeはテレコミュニケーション(※)のツールですが、今後、自立性を持たせることは考えていますか。

吉藤

私の場合はそこは考えていません。OriHimeは、それ自体が家族になるというより、あくまでも「分身」なのです。あるお子さんが入院している間、OriHimeをお貸ししたのですが、お子さんは病室にいながらにして、OriHimeを通して家族とリビングで過ごし、一緒にテレビを見て、笑っていたそうです。ご両親もお子さんの存在を身近に感じられて、安心できたと言ってくださいました。このご家族のように、例えば距離という障害がある場合も、OriHimeを使えばファミトリーが成立し、孤独を解消できる。これがOriHimeの本質です。

※ テレコミュニケーション:遠く離れた地域間で、無線や有線の回線を使用して行う通信全般

人の想像力で表情を変えるOriHime

菅野

テレコミュニケーションは、スマートフォンやディスプレーでも可能ですよね。ロボット、もっと言えば人間に近い形である必要はありますか。

吉藤

私は、必ずしも人型である必要はないと考えています。重要なことは、ロボットが人型であるかどうかより、ここにその人が「いる」という感覚を持てるかだと思います。

菅野

日本では、ロボットが人型をしている方が感情移入をしやすいと言われています。私の作る「TWENDY-ONE」も人型で、人と同じような指の関節を持っています。ただそれは、親しみを持ちやすいからという理由よりは、現代の住環境が人の体に合わせて作られていて、人型であることが都合が良いから、という理由の方が大きいですね。ロボットの体をどう形作るか、それは何のためのロボットかによって大きく変わってきます。OriHimeの形にはどんなこだわりがありますか。

吉藤

紆余曲折(うよきょくせつ)があり現在の形になっています。最初は、分身だから自分の動きを自由自在になぞれる手足があるOriHimeを作りました。でもそれではコストがかかり、普及させるのが難しくなる。しかも、しょせんロボットなので、動きがどうしても人らしくない。また、情報量が多ければ多いほど良いのではと考え、ディスプレーを付けたりもしたのですが、OriHimeの利用者は、自分の姿を相手に見せたくない人が多いのです。その後、犬や猫などかわいらしい見た目のものも試しましたが、利用者の実態と分身が違い過ぎると違和感があったんですね。最終的には、演者の動きによって笑っているようにも泣いているようにも見える「能面」にヒントを得ました。頭だけのOriHimeにしたこともありましたが、さすがに腕がないと不気味さを感じますし、感情も分かりづらい。引き算し過ぎても駄目なんですよね。

菅野

実はコミュニケーションをする上で、体があるかどうかは非常に重要なんです。TWENDY-ONEは人間と同じように、物を運んだり、料理を作ったり、高齢者の身体を支えたりといった作業をすることができます。作業をするためには体が必要です。そしてコミュニケーションが必要です。人間の指示に従って作業をする場合でも、人間と一緒に作業をする場合でも、どこを見ているのか、どこを支えるのかといった協調は、体を使ったコミュニケーションです。TWENDY-ONEは人間と協調ができるように体を設計しました。コミュニケーションを専門としている研究者でも、体があることの効果を実験によって実証しています。例えば、岡山県立大学の渡辺富夫教授は、ディスプレー越しの電子メディアを使った対話よりも、人形や人間の形に近いロボット同士を人間の分身として使ったコミュニケーションの方が、対話者に一体感や存在感を実感させられるということを明らかにしています。

TWENDY-ONEは、人間の日常生活を支援するロボット。人間との共存に必要となる「安全・ 安心」「巧みさ」そして同時に「強いパワー」という基本機能を満たすことを目指している。最大の特徴は身体各部に搭載した受動柔軟性。外力吸収機能やなじみ機能を持ち、例えば、トーストのような柔らかいものをトングでつかむことも、人間の身体を支えることも可能だ

> 後編へ続く(7月27日掲載予定)

(『新鐘』No.84掲載記事より)
※記事の内容、登場する教員の職位は取材当時(2017年度)のものです。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる