Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

平昌冬季オリンピック大会 学生ボランティアの活躍③

交流を通じて感じたスポーツの力

参加学生体験談

2018年2月、韓国・平昌(ピョンチャン)で開催された第23回冬季オリンピック大会にて、早稲田大学は6人の学生ボランティアを派遣しました。参加学生たちは、昨年秋の事前研修と2月上旬の現地研修を経て、2月9日〜25日の大会期間中に各開催地で活動しました。帰国した学生の中から、政治経済学部3年の庄子愛弓さんに体験談を語ってもらいました。

プロフィール

庄子愛弓/政治経済学部3年

国際交流を生み出すスポーツの可能性を実感

スポーツの祭典をこの目で見たい

2018年2月9日〜25日にかけて、韓国にて平昌冬季オリンピック大会の学生ボランティアに参加しました。私は、中学高校を通してバスケットボールや水泳に熱中しており、スポーツはプレーも観戦も大好きです。また、現在、国際関係学を学んでいることもあり、国際交流に興味があるので、スポーツと国際交流を兼ね備えたオリンピックの場に立ち会いたいと思い、参加しました。

私は旌善(ジョンソン)アルペンセンターでボランティアをしました。屋外では山の上にある会場に向かう観客の案内や誘導を、屋内ではインフォメーションセンターで観客の案内や質問対応を、ローテーションで担当しました。

言語の壁と国境を越えた交流

私が派遣された旌善アルペンセンターでは、アルペンスキーの競技が行なわれていました。1時間ごとに勤務と休憩があったので、観戦もできました。ゴール付近で選手の滑走を見ると、その迫力はテレビで見るのとは桁違いです。瞬きをしていたら見逃してしまうほどのスピードで驚きました。

応援する自国の選手でなくても、いい滑りをした選手に対しては大きな歓声を上げたり、努力してきた選手たちに労いの言葉をかけたりする、国境を越えて盛り上がる観客たちの姿にスポーツの力を感じました。試合後に、メダルを争った国のサポーター同士が一緒に写真を撮っていたことも印象的です。

私は韓国語がほとんど話せません。現場で受ける韓国語の指示は、他の学生ボランティアが英語に訳して伝えてくれたので、円滑に仕事ができました。また、韓国の観客とも言語の壁を越えて交流ができたと感じています。観戦前に案内した方に、終了後にも声をかけてもらったり、「いい仕事をしているね」という言葉をもらったりすることもありました。少しの単語と笑顔とジェスチャーがあれば、いい関係が築けるのです。欧州の方たちが韓国語で挨拶を返してくれることも嬉しかったです。

        

オリンピックだからこそできる経験がある

将来は国際的な仕事に就きたいので、オリンピックでのボランティアを学生のうちに体験できたことは、今後の人生においても価値のある経験になったと思います。大学生は時間もたくさんあり、価値観を変えるような経験にも多く出会える時期。オリンピックはその絶好の機会なので、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催時には、学生の方にぜひボランティアに参加してほしいです。私も試合を見に行き、平昌との雰囲気の違いを味わうのを楽しみにしています。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる