Academic Liaison Section早稲田大学 教育連携課

About Academic Liaison

早稲田の社会連携教育

社会連携教育のめざすもの

早稲田大学では、2032年に迎える創立150周年に向け、大学のあるべき姿を見据えた中長期計画「Waseda Vision 150」を策定しました。Waseda Vision 150では、異なる価値観や文化的背景を持つ多様な人々と相互に理解し合い、それぞれに異なる考え方をうまくまとめながら、地域や社会の発展に貢献する、叡智、実行力、志を備えたグローバルリーダーを育成することを目指しています。

core02_zuこのような人材を育成するためには、キャンパス内での理論的アプローチに加え、地域や社会との具体的な関わりの中で能力を身につけていく実践的アプローチが欠かせません。そこで本学では、学生が積極的にキャンパスの外に出て、地域社会を学びの場として、多様な方々との関わりを通じ気づきを得ていく「社会連携教育(※)」を推進しています。

企業や自治体、地域の皆さまと一緒に、この社会連携教育を展開することで、学生ならではの新鮮な視点が皆さまにとっての新たな発見となり、また、学生が活動を通じて皆さまを深く理解することによって、企業・地域の発展につながるものとなります。教育連携課は、「人との出会いが自分を動かす勇気になる」を合言葉に、社会連携教育を通じて、双方が成長し合える場を提供します。

※キャンパスの外で、社会との具体的な関わりを通じ、学生自らが「実社会において生きること、生きていくこと」に関する気づきを引き出すこと。そして、その気づきに応じて、何を、如何に学ぶのかを考え直すきっかけを作ること。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/sr/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる