Organization for Islamic Area Studies早稲田大学 イスラーム地域研究機構

News

ニュース

【イベント】イスラーム地域研究コロキウム・中央ユーラシア現代史関連(1/20)

早稲田大学イスラーム地域研究機構では、年明け1月20日(土)に下記のとおり、中央ユーラシア現代史に関するイスラーム地域研究コロキウムを開催いたします。

今回は、クルグズ(キルギス)共和国ご出身で、現在北海道大学大学院に留学中のミルラン・ベクトゥルスノフさんに日頃の研究成果をご報告いただきます。参加自由ですので、ご興味・ご関心をお持ちの方のご来場をお待ちしております。

日時

2018年1月20日(土)15時〜18時

場所

早稲田大学 早稲田キャンパス9号館5階558会議室(地図

報告者

ミルラン・ベクトゥルスノフ氏(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)

報告タイトル

ソヴィエト・クルグズの形成:クルグズ対カザフ人の関係を中心に

※報告は日本語で行われます、

報告要旨
本報告は、1920年代前半におけるクルグズ自治州の形成過程を考察するものである。ソ連初期に中央アジアの主要民族として認められていなかったクルグズは、当時展開されていた民族問題の議論に参加し、民族行政単位を獲得するために、ソヴィエト当局に対し、カザフ人との違いを主張し、自らの個別性を訴えなければならなかった。

お問い合わせ

当コロキウムに関するお問い合わせは、islam-info[at]list.waseda.jpまでご連絡ください。

Dates
  • 0120

    SAT
    2018

Place

早稲田キャンパス9号館5階558会議室

Tags
Posted

Thu, 30 Nov 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる