Organization for Islamic Area Studies早稲田大学 イスラーム地域研究機構

News

ニュース

W.シュルツ教授講演会 From Collections to Excavations: The Past, Present, and One Possible Future of Mamluk Numismatics のご案内(4/2)

早稲田大学イスラーム地域研究機構は、来る4月29日(土)に、デポール大学教授ウォーレン・シュルツ氏をお招きして特別講演会を下記のとおり開催いたしますのでご案内いたします。
シュルツ氏は、マムルーク朝時代を中心にイスラーム貨幣に関する研究で知られ、このほど、日本学術振興会の助成(外国人研究者招へいS-17006)によって来日されます。講演会では、貨幣学と考古学から得られる知見をどう接続していくかという問題を最新の研究に触れながらご報告いただきます。内容はマムルーク朝(1250-1517、エジプト・シリア)が中心となりますが、異なる時代や地域、分野との比較の観点などからの活発な議論を歓迎いたします。
【日時】   2017年4月29日(土)15:30~17:00
【場所】   早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室
【講演者】Professor Warren Schultz
【題目】From Collections to Excavations:  The Past, Present, and One Possible Future of Mamluk Numismatics
【使用言語】英語
【事前登録・参加費】不要
【懇親会】講演会後、早稲田近辺の飲食店にて懇親会を予定しております。こちらにもぜひご参加ください。
【共催】早稲田大学イスラーム地域研究機構、早稲田大学大学院文学研究科「中東・イスラーム研究コース」
シュルツ氏の講演会は早稲田大学での講演会のほか、京都大学ユーラシア文化研究センターでの講演会(4/22)も予定しております。
Dates
  • 0429

    SAT
    2017

Place

早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室

Tags
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ias/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる