JAPANESE ENGLISH
21coe-glope.com
開かれた政治経済制度の構築
21COE-GLOPE SITEMAP リンク
GLOPEについて
GLOPEの概要
21世紀に入り、われわれは依然として、国内での経済的難題に加え、平和を維持し、地球環境を守り、国際経済体制を堅持することなど、多くのグローバルな課題に直面しています。
個人や企業などが国境を超えて行き来する現代社会においては、一国の政策はその国に住む人々だけでなく、地球上の他の地域で活動している人々にも影響を及ぼします。
早稲田大学21世紀COEプログラム「開かれた政治経済制度の構築」(GLOPE)は、このように政治も経済も国際的に強く依存しあう「開かれた」国家社会間の紛争解決、制度設計、政策協調のための理念を探求します。
世界についての知識を進歩させ、よりよい政治経済システムを構想する具体的な提言に結びつくことを願って、われわれ自身が学術分野の境界を超え、公共哲学、フォーマル理論、統計的手法、理論経済学、実験経済学などの専門知識を統合し、学問的にも「開かれた」新しいアプローチを開発することを目指します。

本プロジェクトで構築しようとする比較政治経済制度分析モデルをWaseda Modelと呼びますが、その基礎づけのために「政治経済実験」、「大規模社会調査」などを行います。
また本プロジェクトではWaseda Modelを具体化する方法(GLOPE Method)を開発・教育します。

こうした活動は、早稲田における知的コミュニティーのみならず社会一般にも刺激を与え、さらなる研究の発展と大学院教育の充実に役立つと考えます。
2007年度は本プログラムの最後の年であり、メンバー一同、目標達成に向けて努力します。
 藪下 史郎
学歴・学位/
イェール大学・Ph.D. (経済学)
業績/
藪下史郎・清水和巳編『地域統合の政治経済学』、東洋経済新報社、2007
Copyright Waseda University, 21coe-glope