Waseda Weekly早稲田ウィークリー

早大生リポート

西早稲田で新鮮な魚定食を食べるなら

何を食べるか迷うほど豊富なメニューがずらり
「日本料理寿」

【紹介者】
商学部 3年
坪田 はるか(つぼた・はるか)

 

西早稲田キャンパス西門を出て、戸山公園を通り抜けた先に位置する、ショッピングセンター「オレンジコート」内の「日本料理寿」。理工3学部の学生はもちろん、教職員にも常連が多い創業34年の定食屋です。

店内に入ってびっくりするのが、とにかく豊富な定食メニューの数々。「気が付いたらどんどん増えちゃって、ちょっと反省しているんです。でも今更やめるわけにもいかなくて…」と言う、気の優しい店長さん。平日はさらに日替わり定食も用意されています。

数あるお勧めの中から今回いただいたメニューは、「アジフライ定食」。築地で仕入れた新鮮な生魚を丁寧におろし、全ての骨を抜いて揚げる、手間の掛かった一品です。見た目は地味かもしれませんが、小骨がないので食べやすく、身もふっくらとしていて、リピーターが多いのもうなずけます。

アジフライ定食(税込770円)。「学生には気持ち多めにご飯をよそってるんです」と、店長のちょっとした心遣いも

その他に少し変わったメニューとして人気なのが、「鯛のうす造り定食」。ポン酢でさっぱりと食べるのが“寿”流で、食欲のない真夏にもぴったりです。反対に、がっつり食べたい派には肉メニューを。定番の「豚しょうが焼き定食」や国産の鶏肉を使った「から揚げ定食」をはじめ、「肉じゃが定食」や「豚汁定食」など、実家の味が恋しくなった一人暮らしの学生の胃袋も満たされます。

鯛のうす造り(定食:税込820円)をはじめ、刺身定食も多数

テーブル席の他にお座敷も

夏限定のメニューには、ゴーヤやトマトなど少し変わった素材を使った「夏野菜の天ぷら定食」や、「冷やしうどん/そば膳(おにぎり付き)」もあります。また、仕入れ状況によっては、価格の高騰しているカツオを使った定食も手ごろな値段で食べられるそうです。

お米やみそにもこだわりがありながら、価格は720円(税込)から高くても880円以内に収まる定食ばかり。夜も居酒屋というより定食メインで営業しているので、夕食としてゆっくり食べに行くのもお勧めです。

 

 

 
日本料理寿

【住所】 東京都新宿区大久保3-10-1 オレンジコートショッピングセンター内
【TEL】 03-3200-8204
【営業時間】 昼 11:00~14:00、夜 17:30~21:00 日曜日・祝日休

 

店長の中世古さん
「魚といったらココ!と思ってもらえるとうれしいです。ぜひ栄養バランスの取れた和食を味わってください」

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる