Waseda Weekly早稲田ウィークリー

News

ニュース

災害に強い地域医療サービスを目指して 品質マネジメントの視点から

地域が取り入れやすい災害マネジメントシステムを提案

大学院創造理工学研究科 修士課程 2年 浅田 愛(あさだ・めぐみ)

日本では災害が頻発し、社会インフラの災害への対応が社会課題として認識されています。その中でも、医療サービスを中断することは人命に関わるため、継続的な提供が大変重要です。そこで私たちは、マネジメントシステムを軸にして、医療の地域レジリエンスを高めるために地域連携体制をどのように構築していけばよいかを研究しています。マネジメントシステムとは、「計画、実行、評価、改善のPDCAサイクルを回すための仕組み」のことだとイメージしてください。また、医療の地域レジリエンスとは、簡単に言えば、「災害が発生し被害を受けても、地域で医療を継続でき、しなやかに復旧できる能力」としています。

例を挙げると、病院は「災害時に負傷者対応を行う場所」と思い浮かべる方が多いと思いますが、同時に、「発災前からの入院患者を守り抜く」という業務がとても重要です。例えば、人工呼吸器を使用する患者を守るためには、人工呼吸器を動かすための電力を確保しなければなりません。そのため、自家発電機の電力を優先的に供給できるように設定しておくことが事前対策として挙げられます。しかし、自家発電を使用できる時間にも限りがあり、他の地域の病院へ搬送することも必要になってくるかもしれません。従って、災害時に患者を守るためには、単一の病院だけでは対応しきれず、搬送の連携体制や他地域の病院との連携が必要だと分かります。このように災害時には、災害拠点病院といった医療機関だけでなく、保健所や自治体などの複数組織で連携を図り、医療を継続していかなければなりません。また、これらを災害時に運用できるようにするために、事前に地域で検討し、対策を立てておくことが重要です。

そこで私たちは、地域で災害医療を継続させるために、地域のさまざまな組織がどのような体制を構築すればよいか、また、地域連携でどのようなことを決定していけばよいかを考えるための方法を検討しています。そして、何をどの順序で実施していけば地域がより効果的、効率的に災害対応を検討していけるのかを考えています。この研究の最終目標は、共同でこの課題に取り組んでいるある地域に、提案方法を用いて災害のマネジメントシステムを導入していくことです。

共同研究している地域で開催したセミナーのTAを務めました(左から2人目が筆者)

このように文章に起こすと、壮大なテーマを与えてもらっていることをあらためて実感しますが、そもそもこの研究に取り組もうと思ったきっかけは、医療の質・安全に興味があったからです。小さいころに祖父母と同居していた経験から、医療や病院というものがとても身近にありました。看護師の方によく遊んでもらっていたせいか、普通なら「注射しますね」とまねをするところを、「点滴交換しますね」と遊んでいたという少し変わったエピソードもあります。そして、進路に悩んでいた高校3年生の時、ひょんなことから医療の質・安全を研究している棟近雅彦先生(理工学術院教授)の存在を知り、早稲田の創造理工学部経営システム工学科に入学、学部3年生秋学期に棟近研究室に所属することが決まりました。そして大学院修士課程に進み、研究テーマを探している際に、先生からの助言もあり、「災害医療の地域連携構築」を研究することにしました。難しいテーマですが、研究は一人でやるものではなく、先輩や同期、先生など、多くの方に支えられながら取り組めているので楽しいです。先日はタイまで行き、国際学会でこれまでの研究内容について発表しました。国内の学会で発表する予定もあります。

タイでの国際学会にて、研究室の仲間が表彰された記念に、参加したメンバーで撮影(右から3人目が棟近先生、右隣が筆者)

私の研究は実際に地域が取り入れやすいものを提案することが重要であると考えています。しかし、まだまだ検討不足な部分が多いため、修士課程修了まで検討を重ねていきたいです。大学院修了後の来年4月からは、医療分野ではない企業で働く予定ですが、品質マネジメントの考え方や研究で培った思考力を生かし、自らも成長できるような社会人になりたいです。

ある日のスケジュール
  • 07:00 起床(ご飯を食べてバタバタと出ていきます)
  • 08:00 通学(電車)
  • 09:00 ゼミ(研究の進ちょくについて発表し、先生や研究室のメンバーから指摘をもらいます)
  • 12:00 昼食(研究室の同期とご飯を食べます)
  • 13:00 後輩の研究相談(棟近研究室では、院生が学部生に研究の相談や指導を行う制度を取っています)
  • 14:00 研究(学会の予稿やゼミ資料などを作成。同期がたくさん研究室にいる時にはついつい雑談ばかりに…)
  • 20:00 帰宅・夕食
  • 21:00 入浴など(テレビを見たり、ゆっくり過ごします)
  • 24:00 就寝

    研究室の筆者の机。いつもディスプレー2つを用いて作業をしています

 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる