Waseda Weekly早稲田ウィークリー

学生注目!

【2017年度入学記念号】新入生のうちからやっておくべき5つのこと

日本のみならず世界中から5万人を超える学生が集う早稲田大学には、毎日が多彩な刺激に満ちています。学生生活は、長いようであっという間。学部・研究科での学修・研究に加えて新しい生活への期待ややる気でいっぱいの新入生のうちからしておくべきことを、毎週『早稲田ウィークリー』を読んでくれている読者モニターの先輩学生たちに聞きました。このアドバイスを参考にすれば、充実した早稲田ライフを送れること間違いなし!?

『早稲田ウィークリー』読者モニターがオススメする新入生のうちからやっておくべき5つのこと

① 日本屈指の図書館、早稲田大学中央図書館を活用しよう ☑

早稲田大学は数多くの図書館を有しています。特に中央図書館は蔵書数約270万冊と大学図書館として日本屈指の規模を誇り、読みたい本や必要な資料がきっと見つかるはず。静かな閲覧室では集中して読書や勉強ができます。ぜひ活用しましょう。

また、学部によっては文献検索の授業が必修となっていますが、そうでない学部であっても、レポートや論文を書く際に必要となるため、文献検索(学術情報検索)のやり方を早いうちにマスターしておきましょう。

②    外国語の勉強や異文化交流をしてみよう ☑

ICCでは気軽に参加できるイベントが開催されます

早稲田大学には5,400人を超える国内の大学で最多の留学生が在籍しています。普段の授業でも異文化交流はできますが、ICC(異文化交流センター)※で開催されるイベントに参加すればゲームやおしゃべりを楽しみながら、より活発な異文化交流を行うことができます。

外国語の勉強はグローバルエデュケーションセンター(GEC)のオープン科目やICCのランゲージ&カルチャー・エクスチェンジなどを活用するのもお勧めです!

また早稲田大学には、目的・語学力に応じた豊富な留学プログラムが用意されています。在学中にぜひ留学にもチャレンジしてみましょう。留学センターのオリエンテーションに参加したり、『早稲田ウィークリー』の人気コーナー「スタディ・アブロード」で先輩たちの体験談を読んだり、資料を読むなど早い時期から準備をしておくことが大切です。

※2017年4月に名称がICC(異文化交流センター)に変更になりました。(旧名称:国際コミュニティセンター)

③    腹ごしらえは大学周辺で ☑

大学の周辺にはリーズナブルかつボリューム満点な飲食店が多く、「ワセメシ」として知られています。『早稲田ウィークリー』の人気コーナー「私のワセメシ」でも紹介しています。他にも、各キャンパスのカフェテリア(早稲田大学生活協同組合)では栄養満点の料理を手ごろな値段で食べることができます。栄養面や懐具合などを考えて、ワセメシやカフェテリアの食事を味わってください。

また、早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会)では毎年5月と10月(予定)に期間限定で朝食を100円にて提供しています。ぜひ行ってみましょう!

④    イベントや早稲田スポーツを通じて早稲田愛を育もう ☑

早稲田祭(11月開催)や本庄-早稲田100キロハイク(5月開催・公認サークル「早稲田精神昂揚会」主催)などのさまざまなイベントが早稲田大学では行われており、大勢の学生が力を出し尽くします。早稲田大学でしかできない行事に参加してみる価値は十分にあります。また野球早慶戦(5月・10月開催)やラグビー早明戦(12月開催)は非常に有名であり、熱烈に応援することで早稲田愛を育むことができます。これらのイベントに参加することで早大生という雰囲気を存分に味わうことができます。

⑤    サークルに参加する ☑

高校の部活動とは一味も二味も違うサークル活動。早稲田大学には約560もの公認サークルがあり、4月には各サークルが新入生歓迎イベント(新歓)を実施しているので、ぜひ自分のやりたい活動を始めてみましょう。どんなサークルがあるか探すには、早稲田大学公認サークルガイドが便利です。

毎年5月に開催される早稲田学生文化・芸術祭は公認サークルの祭典

毎年5月に開催される早稲田学生文化・芸術祭は公認サークルの祭典

【その他】大学の施設・サービスを最大限活用しよう!

大学の施設やサービスはたくさんあります。ぜひ最大限活用して充実した学生生活を送りましょう!

心身のいろいろな健康について相談したいときには(保健センター)

医療費の給付を受けるには(早稲田大学学生健康増進互助会)

奨学金の申請をするには(奨学課)

ジムを利用するには(トレーニングセンター)

大学内でアルバイトするには(学生参画・ジョブセンター)

インターンシップに参加するには(キャリアセンターインターンシップオフィス)

ボランティア活動に参加するには[平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)]

ここで紹介できないぐらいたくさんの施設・サービスを早稲田大学は提供しています。『キャンパスハンドブック』や大学Webサイトなどに掲載されていますので、ぜひ積極的に活用しましょう!

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる