Waseda Weekly早稲田ウィークリー

学生注目!

プロ野球日本一のチームから2位指名、石井一成 北の大地でガムシャラに

「ルーキーらしくガムシャラに! 小さなことを積み重ね、走攻守トップの選手に」

スポーツ科学部 4年 石井 一成(いしい・かずなり)

主将として早稲田大学野球部を引っ張ってきた石井一成選手。昨年10月21日に行われたプロ野球ドラフト会議にて北海道日本ハムファイターズより2位指名を受け、今春よりプロ野球選手として新たなスタートを切りました。石井選手に早稲田大学での思い出やドラフト2位指名を受けた感想、今後の展望について聞きました。

――ドラフト2位で北海道日本ハムファイターズから指名を受けた今の気持ちを聞かせてください。

小さい頃からの夢だった「プロ野球選手になるんだな」という実感と「頑張ってやるぞ」という気持ちがあります。野球を始めた際に教えていただいた学童野球の監督をはじめ、これまで多くの方に指導していただき、支えていただきました。そして、これまでやってきたことは決して間違いじゃなかったとあらためて思うようになりました。自分としても非常にうれしいですが、2位指名という高い評価を得られたことは、お世話になった方々へ、いい報告になったと思っています。

内外野の間を抜いていくシュアなバッティング(写真:早稲田大学スポーツ新聞会)

――アピールポイントはどこですか? どんな選手になりたいですか?

自分の持ち味は、これまで大きなケガもしていない体の強さ、そして肩にも自信があるのでそこをアピールしていきたいです。バッティングはフェンスオーバーというよりも内外野の間を抜いていくシュアなバッティングが求められていると考えていますし、それが生かせるチームだと思っています。常に1点を取りに行く貪欲な攻めをしていると感じるので後につなぐバッティングをしていきたいです。

まだプロ野球でプレーすることについて、具体的なイメージはできていません。ただやるべきことは変わらないと思うのでこれまで同様に努力して、自分が出場できるところでしっかりアピールしていきます。将来的には走攻守3拍子がそろったTOPレベルの選手になりたいと思っていますが、まずは我武者羅(がむしゃら)にルーキーらしくやっていきます。そして、日本一連覇を目指すチームにおいて、少しでもチームに貢献できるようにプレーしていきたいと思っています。

「プロ野球でもトップクラス」と高い評価を受けている肩(写真:早稲田大学スポーツ新聞会)

【北海道日本ハムファイターズ 大渕隆 チーム統括本部スカウトディレクターからのコメント】

2016年10月27日の指名挨拶後の会見にて

「常勝チームを目指す上で、内野の守備が重要だとチームとして考えています。石井選手の堅実なプレー、そして強い肩はプロ野球でもトップクラスと判断していますし、今成長中の打力をさらに伸ばしていくことでレギュラーを獲得できる選手だと思って指名しました。守備の安定感、潜在能力は高いものがあるので、それを2、3年のうちに顕在化できるようになれば、レギュラー、そしてベスト9も目指せる選手になるのではと非常に期待しています。」

――早稲田大学での一番の思い出は何ですか?

早稲田に入ったのは、高3の夏の甲子園が終わった後の早慶戦を観戦に行き、ここでプレーしたいと思ったのがきっかけです。その早稲田に入って一番良かったことは、去年先輩たちが日本一に導いてくれたことです。優勝パレードでの盛り上がりは印象に残っています。また、いろいろなことに取り組み、さまざまな分野で高い目標を持つ学生が多いのが早稲田の魅力だと思っています。競技は異なりますが、同学年の瀬戸大也選手(スポーツ科学部4年・水泳部)がリオ五輪で活躍する姿を見て、自分も早稲田や、地元を盛り上げられる選手になりたいと刺激を受けました。

――好きな野球選手、対戦したい選手はいますか?

これまで特に好きな野球選手はいませんでした。ただ、野球を始めたころに読売ジャイアンツの松井秀喜さんが活躍していたのをよく覚えています。その影響もあって、自分は右利きですが、小学1年生で野球を始めた時からずっと左打ちです。対戦したい選手も今は、具体的にはいません。

――最後に座右の銘を教えてください。

野村克也さんや桑田真澄さんの著書を高校生のころから読んでいます。その中で、野村克也さんの「人間的な成長なくして、技術的な進歩なし」は自分の座右の銘です。また高校生の時に指導いただいた作新学院の小針崇宏監督の言葉で、「一つ一つ小さなことの積み重ねが大きなことになる」も大事にしています。

第664回

【プロフィール】
栃木県出身。作新学院高等学校卒業。高校時代には2年夏から3年夏まで3季連続で甲子園に出場しベスト4などの功績を残し、2013年に早稲田大学に入学。1年時からベンチ入りし、3年春にはベストナイン獲得。右投、左打、ポジションはショート。趣味は映画鑑賞。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる