Waseda Weekly早稲田ウィークリー

学生注目!

お笑い工房LUDO 新入生デビューライブ『目黒市』 イベントリポート 

2015年4月30日、早稲田キャンパス近くの南門通り商店街にグランドオープンした早稲田演劇の拠点「早稲田小劇場どらま館」。開館から1年が過ぎ、多くの団体がその舞台を彩ってきました。どらま館で行われたイベントの様子をお伝えします。

2016年6月2日(木)~3日(金)

お笑い工房 LUDO 新入生デビューライブ『目黒市』

「お笑い工房 LUDO」(公認サークル。以下、LUDO)は、ここ数年は新宿や下北沢のライブハウスが主な会場でしたが、授業終わりの早大生が気軽に立ち寄りやすく、サークル員も友人を呼べて温かな雰囲気の中でライブを行えるとのことで、どらま館のライブを増やす方針であるとのこと。

そんなどらま館で、新入生デビューライブ『目黒市』を開催したLUDO。

IMG_1348

新入生デビューライブとは、その名の通り、今年4月にLUDOに加入した1年生が初めてお客さんの前でネタを披露するデビューの場です。1か月余りという短い期間で何度も先輩に見てもらい、念入りに準備したネタを携えて、慣れない舞台に上がります。

IMG_1357

デビューライブでデビューするのは演者だけではありません。LUDOは100人を超えるサークル員で構成されていますが、その半分を占めるのが音響や照明、道具出しなどを担当するスタッフです。新入生スタッフは初めて触れる機材にびくびくしながらも、先輩のサポートの下、演者のネタに合わせて調整を繰り返します。

リハーサルが終わって開演を待つ間も、どらま館の前や階段の踊り場で、ネタを練習する新入生たちの姿が見られました。数組出演する上級生コンビも、つられて神妙な面持ちに。そんな演者たちの緊張に拍車をかけるように、客席は立ち見が出るほどの大盛況でした。

そしてどこか浮わついた空気の中、いよいよライブがスタート。演者たちは初舞台とは思えない堂々とした漫才やコントを披露し、スタッフも大きなミスなくやり遂げました。終演まで笑いの絶えない、温かなライブとなりました。

関連リンク

早稲田小劇場どらま館Webサイト

【ご支援のお願い 】

早稲田大学は「早稲田小劇場どらま館」を早稲田演劇振興の中核的拠点と位置づけ、早稲田演劇の伝統を継承・発展させ、優れた演劇文化を発信し、教育 を通して、次代を担う演劇人を多数育成することを目指しています。「早稲田小劇場どらま館」を核に、早稲田の新たなコミュニティが形成されることを願い、 これを実現するため、多くの皆さまのご支援を得るべく、「WASEDAサポーターズ倶楽部」を通じた募金「早稲田小劇場ネクスト・ジェネレーション募金」を募集中です。
ご寄付は、学生のため、演劇教育に資する目的のために使用いたします。早稲田演劇振興へのお力添えをいただける皆さまの温かいご支援を心よりお願い申し上げます。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる