Waseda Weekly早稲田ウィークリー

早稲田の学問

可能性広がるオンライン教育の世界

情報メディアを活用した効果的な教育支援を目指して

 

大学院人間科学研究科 博士後期課程 2年
長濱 澄(ながはま・とおる)SONY DSC

私は、学際的な人間科学部の環境を生かし、情報メディアを活用した効果的な学習支援、コンテンツの開発・評価に関する研究を行っています。

私が所属する森田裕介研究室では、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の技術を応用した研究、探索的な学習を促すTUI(Tangible User Interface)を実装した教材開発研究、オンライン学習における効果的な学習支援の研究、プログラミング教育・ゲーム学習などに関する研究を進めています。それらのテーマに関して、学部生や大学院生がチームとなって協力し合い、継続的な研究から成果を導いています。

SONY DSC

月の満ち欠けを学ぶためのTUIの操作場面。地球と月の模型操作がディスプレー映像と連動するため、月の満ち欠けに関する天体の位置関係を探索的に学習できる

長濱さんサブカット②

オンライン学習に関する海外研修では、世界的に主要なMOOCのプラットフォームであるedX(マサチューセッツ工科大学とハーバード大学によって創立・運営される)のオフィスを訪問

私が主として取り組んでいるのは、オンライン学習における効果的な学習支援に関する研究です。最近では、世界的な大規模公開オンライン講座 Massive Open Online Course(MOOC)が急速に普及したことで、誰もがインターネット上で、世界の名だたる一流大学の授業をはじめ、世界最高レベルの授業を受講できるようになりました。その上で、“映像教材の重要性”を示唆する研究が多数報告されています。現在、私は、“映像教材の高速提示”の実験を進めています。マルチメディア技術の進歩により、ほとんど全ての映像教材について、視聴する際、一時停止や早送り・巻き戻しの機能に加えて、変速再生機能を活用することができます。そこで、“AはBである”といった単純な知識構造を多数扱った映像教材を用いて、1倍速提示と2倍速提示の比較実験を行いました。その結果、実施した実験条件下における理解度テストの得点について、両者に統計的に有意な差は見られないことが明らかになりました。このことから、学ぶ分野や学習者の特性によって、違った結果になり得ることは想定しつつも、“条件によって、ある一定時間内にこれまでの2倍の学習ができる”可能性が明らかになり、非常に興味深く感じています。今後、実験条件を少しずつ変化させながら、映像教材の変速提示効果について検討していきたいと考えています。

講義映像収録場面。設定した学習テーマの専門家に依頼し、撮影を行う

キャプチャ

早稲田大学が提供するMOOCの一つ「日本語教育」。世界中から学生が集まる早稲田ならではの講座で、誰でも無料で受講できる

先日、子どもが夢見る職業の上位に「YouTuber」がランクイン(※)していることを知り、衝撃を受けました。今後、より多くの人たちが、情報の消費者だけでなく、発信者にもなることが予想されます。それに応じて、私たちがアクセスできる教育コンテンツも多種多様になることでしょう。こういった時代の趨勢(すうせい)の中、将来は学習テーマに合わせて、“どんなコンテンツを”“どんな風に”学習したら良いのかについて助言できる“教育コンテンツに関するコンサルタント”のような存在になることができたらと考えています。そのために、研究成果を少しずつ積み重ねると同時に、世界中の情報に能動的にアクセスしていく所存です。

※大阪府内にある小学校が2015年秋に調査した「4年生男子の将来の夢」
(毎日新聞大阪版 2016年3月22日朝刊より)

参考サイト

早稲田大学が提供する「日本語教育」:Japanese Pronunciation for Communication

【ある日のタイムスケジュール】

  • 7:00 起床

    長濱さんサブカット③

    研究室机周り。足元にマッサージ器を置いています

  • 8:00 移動
  • 9:00 研究室にて論文執筆
  • 12:00 森田裕介先生と昼食
  • 13:00 実験
  • 15:00 ゼミ生と研究打ち合わせ
  • 17:00 映像収録・編集(現役の教員の方に依頼し、実験用映像教材を作成しています)
  • 20:00 他学科の院生仲間と夕食(他分野・異なる研究アプローチの話を聞くことはとても勉強になります)
  • 21:00 勉強
  • 23:30 下校(毎晩、守衛さんが研究室の見回りに来てくれます。とても安心して学業に励めます)
  • 24:30  帰宅・就寝
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/weekly/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる