Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

東京2020パラリンピック大会で本学学生・校友が活躍しました

史上初、同一都市で夏季大会2回目の開催となった第16回東京2020パラリンピック競技大会が、9月5日に幕を閉じました。本学からは、学生1名・校友4名が出場し、金メダル1、銀メダル2、銅メダル2を獲得しました。 

パラリンピック大会の終了により、東京2020大会全ての競技が終了となりました。 

たくさんのご声援をいただきありがとうございました。今後とも本学にかかわる学生および校友アスリートへの応援をよろしくお願い申し上げます。 

下記に、パラリンピック大会に出場した学生・校友の主な成績を紹介いたします。 

大会期間 

2021年8月24日()~95日(日) 

開催地 

日本・東京 他

陸上 

村岡 桃佳 

2019年スポーツ科学部卒
スポーツ科学研究科博士後期課程(在学中)

女子 100m(車いすT54) 6位   16秒71  

女子100m(車いすT54)決勝のレースを終え、笑顔で手を振る村岡桃佳=国立競技場

競泳 

鈴木 孝幸 

2009年教育学部卒
水泳部OB 

🥉男子 50m平泳ぎ(運動機能障害SB3)  3位   銅メダル 49秒32   
🥇男子 100m自由形(運動機能障害S4)1位   金メダル 1分21秒58  
🥉男子 150m個人メドレー(運動機能障害SM4)3位 銅メダル  2分40秒53   
🥈男子 200m自由形(運動機能障害S4) 2位   銀メダル 2分55秒15  
🥈男子 50m自由形(運動機能障害S4) 2位  銀メダル 37秒70

男子100m自由形(運動機能障害S4)決勝 ガッツポーズする鈴木孝幸。日本勢の金メダル第1号となった=東京アクアティクスセンター

卓球 

岩渕 幸洋 

2017年教育学部
卓球部OB 

開会式・閉会式旗手 

男子シングルス (立位9)予選リーグ グループD 3位

男子シングルス(立位9)1次リーグ 英国選手と対戦する岩渕幸洋=東京体育館

トライアスロン 

谷 真海 

2004年商学部卒
2012年スポーツ科学研究科修了
応援部OG

開会式旗手 

女子 (運動機能障害PTS5) 10位 1時間22分23秒

女子(運動機能障害PTS5) 手を振りながらゴールへ向かう谷真海。=お台場海浜公園特設コース

木村 潤平 

2007年教育学部卒
2018年スポーツ科学研究科修了
水泳部OB 

男子 PTWC (車いす)  6位 1時間04分50秒

男子(車いす) 木村潤平のバイク=お台場海浜公園特設コース

写真提供:共同通信社 

  

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる