Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

校友の本橋菜子選手がバスケットボール女子で東京2020大会日本代表に内定!

7月1日、日本バスケットボール協会が東京2020大会のバスケットボール女子日本代表メンバー12名を発表し、本学校友の本橋菜子選手(東京羽田ヴィッキーズ所属、2016年スポーツ科学部卒業)が選出されました。 

本橋選手は、昨年11月に右膝前十字靱帯損傷の大けがを負いながらも、諦めることなくリハビリに励み、今年6月に行われた三井不動産カップ2021のポルトガル戦で実践復帰を果たしました。その後、6月下旬の五輪代表候補選手16名による第6次強化合宿への参加を経て、見事代表に内定しました。 

代表内定した本橋菜子選手(共同通信) 

 

プロフィール 

本橋菜子(もとはし なこ): 

1993年埼玉県生まれ。2016年早稲田大学スポーツ科学部卒業。小学生の時にバスケットボールを始める。2018年、日本代表に初選出され、同年FIBA女子W杯に出場。2019年も日本代表に選出され、FIBA女子アジア杯に出場すると、この大会では、日本の大会4連覇に貢献し、大会MVPとオールスターファイブを受賞した。 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる