Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

校友の岩下祐太選手と東江雄斗選手がハンドボールで東京2020大会日本代表に内定!

6月27日、日本ハンドボール協会が東京2020大会の男子ハンドボール日本代表内定選手を発表し、校友の岩下祐太選手(トヨタ紡織九州所属、2014年スポーツ科学部卒業)と東江雄斗選手(ジークスター東京所属、2016年スポーツ科学部卒業)が選出されました。男子ハンドボール五輪出場は、1988年のソウル大会以来8大会ぶりで、開催国枠での出場です。 

代表選考は、今年1月にエジプトで開催された世界選手権や強化合宿での活躍を参考にして行われました。 
世界選手権において、岩下選手は、抜群の瞬発力を発揮して好セーブを連発し、東江選手は、司令塔として存在感を発揮しました。両選手は、この活躍で24年ぶりの1次リーグ突破に貢献したことから、五輪出場が決まりました。 

岩下選手(中央)=2019年6月男子JP杯(共同通信)

 

東江選手(中央)=2020年1月アジア選手権2次リーグのバーレーン戦(共同通信)

 

プロフィール 

岩下祐太(いわした ゆうた): 

1991年熊本県生まれ。2014年早稲田大学スポーツ科学部卒業。小学生のころからハンドボールを始める。2021年、世界選手権出場。身長1メートル83。ポジションはGK。 

 

東江雄斗(あがりえ ゆうと): 

1993年沖縄県生まれ。2016年早稲田大学スポーツ科学部卒業。2018年、アジア競技大会出場。2020年、アジア選手権出場(大会MVP獲得)。2017年・2019年・2021年、世界選手権出場。身長1メートル83。ポジションはCB。 

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる