Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

校友の渡部暁斗選手がスキーノルディック複合W杯個人で4戦連続表彰台

校友の渡部暁斗選手(北野建設所属、2011年スポーツ科学部卒)が、オーストリアのゼーフェルトで1月31日に行われたスキーノルディック複合のワールドカップにおいて男子個人第11戦で3位に入賞し、個人として4戦連続で表彰台に上がりました。

渡部選手は前半のジャンプで2位につけました。後半のクロスカントリーではトップと38秒差でスタートし、終盤にはノルウェー、フィンランドの選手たちとトップを争い3位でゴールしました。

先週24日にフィンランドのラハティで行われた個人第8戦では今シーズン初優勝をあげ、W杯通算19勝となり荻原健司氏(1992年人間科学部卒)の持つ日本人選手通算最多勝記録に並んでいます。その後29日の第9戦、30日の第10戦でそれぞれ2位に入賞し、今回の第11戦と合わせて個人で4戦連続の表彰台となりました。

個人での表彰に加え、23日に行われた団体スプリントでも渡部選手と山本涼太選手(長野日野自動車所属、2020年スポーツ科学部卒)の組が3位となり、この種目では日本勢として初めて表彰台に上がりました。

 

引き続き、渡部選手に熱い声援をお願いいたします。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる