Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

校友の大迫傑選手、男子マラソンで東京2020大会の日本代表に内定!

校友の大迫傑選手(2014年スポーツ科学部卒、Nike所属)が男子マラソンで東京2020大会日本代表に内定しました。

大迫選手は3月1日に開催された「東京マラソン2020」で日本新記録を樹立し、3月8日に開催された「びわ湖毎日マラソン」ではこの記録を上回る結果がでなかったため、残り1枠となっていたマラソン種目の出場を決めました。

【プロフィール】

大迫傑(おおさこすぐる):

1991年東京都生まれ、早稲田大学スポーツ科学部卒業。中学校で本格的に陸上競技を始め、本学在籍中に4回箱根駅伝に出場し、2年連続で区間賞(1区)を獲得した。2016年・2017年の日本陸上競技選手権大会では2年連続優勝、2016年リオオリンピックにも出場した。2018年シカゴマラソンに出場すると、3位(2時間5分50秒)で日本新記録を樹立。男子5000mとマラソンの日本記録を保持している。

  (早稲田大学オリンピック・パラリンピック事業推進室調べ)

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる