Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

校友の大迫傑選手が東京マラソンで日本新記録を樹立!

校友の大迫傑選手(2014年スポーツ科学部卒、Nike所属)が3月1日開催された「東京マラソン2020」で2時間5分29秒のタイムでゴールし、日本新記録を樹立しました。

大迫選手は中間地点である21キロ地点まで先頭集団と競う距離感でレース展開をしてきました。22キロ地点から先頭集団に遅れをとり、一時その差は挽回しきれないかと思われましたが、32キロ地点で前の集団に追いつき日本勢トップの位置に見事挽回!その後は大きなペースダウンもなく、右わき腹をおさえながらも日本新記録となるタイムを横目にみながらゴールまで疾走。最後はガッツポーズでゴールテープを切りました。

大迫選手は2018年のシカゴマラソンで2時間5分50秒の結果を出し、日本人初の2時間5分台をマークしました。自身の打ち立てた日本記録を、今回の東京マラソンで見事打ち破りました。

東京マラソンの男子で、2時間5分29秒の日本新記録をマークして4位に入った大迫選手。東京五輪代表入りを有力にした(共同)

東京オリンピック予選大会の最終選考であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジは、3月8日に開催されるびわ湖毎日マラソンで最後となります。この大会で、2時間5分29秒を突破する選手が現れなければ、大迫選手の東京オリンピック出場が決まります。

惜しみなく努力を続ける大迫選手へ、益々の熱い声援をよろしくお願いいたします。

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる