Olympic and Paralympic Project Promotion Section早稲田大学 オリンピック・パラリンピック事業推進室

News

ニュース

イタリア競泳チームが所沢キャンパスで事前キャンプを開始しました

 

競泳のイタリア選手団が、本学の所沢キャンパス・アクアアリーナで事前キャンプとして、練習に励んでおります。

7月12日は選手やコーチを歓迎するためのレセプションを所沢市内で開催しました。

終始和やかな雰囲気で行われたレセプションでは、世界選手権へ向けた話が聞けました。

BUTINI Cesareヘッドコーチは、「国旗のためにできるだけ勝利を収める」と意気込みを語られました。

イタリアは、2011年の世界水泳でメダルを獲得しているルカ・マリン選手、2017年の世界大会で3つの種目で金メダルを獲得したシモーナ選手を擁しています。

東京(早大・所沢キャンパス)での事前キャンプで目指していることをROSSETTO Claudioコーチに問うと、メダルの獲得について述べられました。

「選手が全力を尽くせるように環境を整え、メダルにできる限りのことをする」ことがコーチの使命だと話されました。

 

事前キャンプは7月17日をもって終了します。

(記事 早稲田スポーツ新聞会3年 佐鳥萌美、写真 Vivaseda提供)

 

コメント

 

BUTINI Cesareヘッドコーチ

――世界選手権にむけての意気込みを教えてください

私たちの目的はやはり国のため、そして国旗のためにできる限り勝利を収めることです。

明確なことは、ルカ(選手)を始めとして32人のアスリートが(チームに)いて、偉大なチャンピオンもチーム内にいることす。例えば、ルカ(選手)は2011年世界競泳でメダルを獲得していますし、シモーナ(選手)は2018年のヨーロッパ大会でメダル獲得、2017年の世界大会では三つの種目で金メダルを獲得しました。このように、とても競争力の高い選手がたくさんチームには揃っています。ですので、幾つとは言いませんが確実にメダルを狙っていきたいです。

 

ROSSETTO Claudioコーチ

――コーチとして東京での事前キャンプで目指しているものはなんですか

チェーザレも言っていた様に、できるだけ多くのメダルを獲得することとできれば国歌を聞き、多くの選手がメダルを獲得し勝利を収めることです。また、一般的には選手が全力を尽くせるように環境を整え、メダルのためにできる限りのことをすることです。韓国での世界大会もそうですし、オリンピックもとても厳しく複雑な大会になると思うので、メダルは幾つとは公言できませんができるだけ勝利したいです。

 

QUADARELLA Simona

――試合前のルーティンは何かありますか

はい、あります。各試合前に行うルーティーンがあります。まずは水に入って体を温め、試合前に感覚を掴むために軽めのトレーニングをします。そこからは各選手がそれぞれのルーティーンをこなします。例えば、私はいつも音楽を聴いています。

 

 

 

 

ViVaseda広報チームの学生も写真撮影など、取材を行いました。

21日からは世界水泳選手権、競泳が開幕いたします!

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/tokyo/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる