Organization for University Research Initiatives早稲田大学 重点領域研究機構

その他

アンビエントロニクス研究所
Research Institute for Ambientronics

2017sub1

分野

所長:渡邉 孝信[わたなべたかのぶ]
理工学術院(基幹理工学部)教授

研究テーマ

環境発電技術の革新とアンビエント・プラットフォームの構築

研究概要

我々の生活環境に内在する微小エネルギーを高効率に電力に変換する「エナジー・ハーベスティング」を中心とした技術の確立とシステム化を目指す。特に、本学の強みである材料技術をベースに新規エネルギー変換デバイスを創製し、電源インフラから独立した無給電でのセンシング、建築物の健全性診断、室内環境モニタリング、アドホックネットワークなどへの実装を目指す。太陽光発電、電波発電、熱電デバイスなど実装間近の技術を中心に、産学連携、機関連携を拡大して実質的な社会導入を図る。

本研究では、研究所員が個別に進めるEH、IoT関連研究を推進しつつ、それらの情報を集約し、具体的な応用例を提示、実証研究につなげていく。本研究期間に予定している取り組みは以下の4項目である。

1)各種EH技術の潜在スペックのカタログ化と各EH用材料・素子の性能ロードマップの設定

2)環境エネルギーの微弱性・不安定性を前提としたEH技術の社会実装形態の提案

3)EHに基づくIoT技術の具体的イメージの提案とフィージビリティスタディの推進

4)企業との連携による社会実装の推進

従来は、電源や回路をブラックボックス化し、インテグリティーの高いハードウェア環境を想定してシステム開発ができたが、EHに基づくIoT技術では、自然エネルギーの微弱性、不安定性を前提とし、ハードウェアの動作揺らぎを中心に据えた、新しい柔軟な発想で社会実装を目指す必要がある。EH技術を実現可能な応用を見据えながら確立し、電源インフラから独立した真のIoTが実現されれば、環境問題や災害対策、農業、食料、物流、医療など、地球規模の様々な社会問題の解決につながると期待される。

 

研究所員

渡邉 孝信(理工学術院教授)
井村 考平(理工学術院教授)
岩瀬 英治(理工学術院教授)
勝藤 拓郎(理工学術院教授)
川原田 洋(理工学術院教授)
史 又華(理工学術院教授)
嶋本 薫(理工学術院教授)
庄子 習一(理工学術院教授)
谷井 孝至(理工学術院教授)
戸川 望(理工学術院教授)
中島 達夫(理工学術院教授)
本間 敬之(理工学術院教授)
柳澤 政生(理工学術院教授)
柳谷 隆彦(理工学術院准教授)
富田 基裕(次席研究員(研究院講師))

招聘研究員

蔭浦 泰資(学術振興会ポスドク研究員)
ジャン 天卓(東洋大学学際・融合科学研究科特任准教授)
張 慧(J群馬大学理工学府電子情報部門助教)
西当 弘隆(株式会社モッタイナイ・エナジー代表取締役)
福原 幹夫(東北大学未来科学技術共同研究センターリサーチフェロー)
松木 武雄(産業技術研究所TIA推進センター連携推進ユニット招聘研究員)

Related Articles 関連記事

2021年度の研究所
2020年度の研究所
2019年度の研究所
2018年度の研究所
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ori/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる