Organization for University Research Initiatives早稲田大学 重点領域研究機構

その他

ソーシャル&ヒューマン・キャピタル研究所
Waseda Institute of Social and Human Capital Studies (略称:WISH)

2017sub2

分野

所長:野口 晴子[のぐち はるこ]
政治経済学術院

研究テーマ

持続可能な社会における社会厚生の在り方に関する実証的・理論的研究
副題:「個」から「地域」へ、「地域」から「社会」へ、そして、次世代への人的資本の継承と社会関連資本の蓄積

研究概要

人口の急激な少子高齢化に伴い、労働力としての移民を受け入れてきた欧米では、難民問題が深刻化している。また、OECDのほとんどの国において、子ども貧困率が社会全体の貧困率よりも高く、また、増加傾向にある。20世紀後半以降、先進地域における経済成長の鈍化が人口動態の劇的な変容に拍車をかけ、さらには、国家によるパターナリズムの下で充実が図られてきた公助・共助機能の持続可能性が危ぶまれている。現在、こうした様々な要因が、人的資本(human capital:HC)の蓄積過程の阻害要因となる貧困や格差、さらには、人々の間に紛争をもたらし、「個」や「世代」を超えた負の連鎖を引き起こしている。こうした社会不安は、21世紀における地球規模での共通課題といえるだろう。
そこで、ソーシャル&ヒューマン・キャピタル研究所(Waseda Institute of Social and Human Capital Studies:WISH)では、教育や健康に代表されるHCが、「個」としていかに蓄積され、「個」や「世代」を超えていかに継承されるか、そのメカニズムの本質について、量的・質的なビッグデータの活用やフィールドでの調査・実験を通じて、社会経済的要因(socio-economic status: SES)や社会関連資本(social capital: SC)とHCとの関連性に着目した様々な仮説に対する、実証と理論の両側面からの検証を行う。WISHが掲げるテーマは、国際社会が向き合わなければならない喫緊の政策課題であると同時に、人類社会にとっての持続可能な社会システムの在り方を模索する上で不可欠な中・長期的な課題でもある。
近・現代を通じた研究の結果、HCを代表する教育・健康やSESとの間に有意な相関が存在することについては、概ね、研究者間でコンセンサスが得られている。しかし、多岐にわたる様々な要因が、どのようなメカニズムを通じて私たちのHCと相互に関連し合うのか、また、その影響の有意性や大きさはどの程度のものなのか、といった問いに対する確たる結論は、理論的にも実証的にも得られていない。また、従来の人的資本論は、個に閉ざされたHCの蓄積過程を明らかにする一方、「個」に蓄積されたHCが、「個」や「世代」を超えて、コミュニティーや人類社会に継承され、SCの蓄積に寄与するものなのか、という問題意識に対しては十分な回答を与えているとは言えない。HCには外部効果があり過小に蓄積されてしまう可能性が高く、HCの蓄積が個に規定されている限り、効率的にHCを蓄積出来る個と出来ない個の間での格差が拡張し、それが現代における社会不安や紛争の主要な原因の1つとなっているではないか。
以上のような問題意識に基づき、WISHでは、「医療・介護」、「教育」、「環境」、「開発」等の具体的なテーマを対象に、SCの蓄積からHCの蓄積へ、または、HCの蓄積からSCの蓄積へと、双方向の扉の鍵を見つけ出すことを目的とする。

研究所員

野口 晴子(政治経済学術院教授)
鎮目 雅人(政治経済学術院教授)
戸堂 康之(政治経済学術院教授)
上田 路子(政治経済学術院准教授)
下川 哲(政治経済学術院准教授)
高橋 百合子(政治経済学術院准教授)
川村 顕 (政治経済学術院教授(任期付))
島岡 未来子(政治経済学術院教授(任期付))
富 蓉 (商学学術院講師(専任))

招聘研究員

井深 陽子(慶應義塾大学経済学部准教授)
牛島 光一(筑波大学システム情報系社会工学域助教)
姜 哲敏 (東京経済大学経済学部専任講師)
後藤 励 (慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授)
重岡 仁 (カナダ・サイモンフレーザー大学経済学部助教授)
田中 隆一(東京大学社会科学研究所教授)
田宮 菜奈子(筑波大学医学医療系教授)
辻井 信昭(特定非営利活動法人健康づくり0次クラブ理事長)
中村 明慶(足立区政策経営部政策経営課課長)
中村 さやか(名古屋大学大学院経済学研究科准教授)
長谷川 勝美(足立区副区長)
花岡 智恵(東洋大学経済学部総合政策学科)
方 雪敏
別所 俊一郎(財務省財務総合政策研究所総括主任研究官)
丸山 士行(University of Technology Sydney, Economics Discipline Group, Associate Professor)
宮川 照代(特定非営利活動法人健康づくり0次クラブ理事兼事務局長)
山本 秀樹(帝京大学大学院公衆衛生学研究科保険医療政策学・国際保健学分野教授)
吉村 健佑(千葉大学医学部附属病院医療経営管理研究センター特任講師、国立保健医療科学院保健医療経済評価研究センター客員研究員)

WISH研究所

http://www.waseda.jp/prj-wishproject/

野口晴子研究室

http://www.f.waseda.jp/h.noguchi/

Related Articles 関連記事

2021年度の研究所
2020年度の研究所
2019年度の研究所
2018年度の研究所
Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ori/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる