Organization for University Research Initiatives早稲田大学 重点領域研究機構

News

ニュース

【環境経済・経営研究所】「パリ協定とカーボンプライシング-各国の政策動向と日本の長期削減目標に向けて-」 開催のお知らせ(12/15)

環境経済・経営研究所

環境研究総合推進費2-1707国民対話シンポジウム /早稲田大学 研究院フォーラム
パリ協定とカーボンプライシング
-各国の政策動向と日本の長期削減目標に向けて-

日時

2017年12月15日(金)14:00-17:00

場所

早稲田大学 WASEDA NEOホール(旧早稲田大学日本橋キャンパス)(地図はこちら

申し込み Registration

事前申し込み制(参加費無料): 申込フォームよりお申込みください。
Please fill in the registration form if you would like to attend the symposium.

参加

無料、学生・教員・市民参加可能、同時通訳有

主催

環境経済・経営研究所(RIEEM)

プログラム

  • 14:00 開会の挨拶
    鮎川 智一 環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室長
    加藤 哲夫 早稲田大学法学学術院教授/研究院長
  • 14:10 シンポジウム概要説明
    有村 俊秀 早稲田大学政治経済学術院教授/環境経済・経営研究所(RIEEM)所長
  • 14:15 基調講演
    周 剑 清華大学准教授 「中国における炭素市場政策の役割
    David Brown アルバータ大学講師 「カナダにおけるカーボンプライシング:2030年削減目標に向けて
  • 14:55 休憩・コーヒーブレイク
  • 15:10 環境研究総合推進費【2-1707】研究成果報告
    有村 俊秀 早稲田大学教授・研究代表者/ RIEEM所長 「世界に続け!排出量取引:東京都と埼玉県の頑張り
    松本 茂  青山学院大学教授/ RIEEM 「ほんとに進んでいるの? 世帯の省エネ化
    武田 史郎 京都産業大学教授/ RIEEM 「環境税制の改革:どうなる経済影響
  • 16:10 パネルディスカッション
    進行:
    有村 俊秀 早稲田大学教授/RIEEM
    パネリスト:
    伴 金美  大阪大学名誉教授
    松本 茂  青山学院大学教授/ RIEEM
    武田 史郎 京都産業大学教授/ RIEEM
    周 剑   清華大学准教授
    David Brown アルバータ大学講師
  • 16:55 閉会の挨拶
    鷲津 明由 早稲田大学社会科学総合学術院教授/RIEEM

プログラムの詳細はチラシをご確認ください。

お問い合せ

早稲田大学研究院重点領域研究機構
https://www.waseda.jp/inst/ori/
Mail : kenkyuin-forum2017@list.waseda.jp

★ 本シンポジウムは、「平成29年度環境省環境研究総合推進費【2-1707】カーボンプライシングの事後評価と長期的目標実現のための制度オプションの検討」の助成を受けています。

Dates
  • 1215

    FRI
    2017

Place

早稲田大学 WASEDA NEOホール

Tags
Posted

Wed, 01 Nov 2017

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/inst/ori/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる