JAPANESE ENGLISH
21coe-glope.com
開かれた政治経済制度の構築
21COE-GLOPE SITEMAP リンク
国際シンポジウム・会議
“New Directions of Global Political Economy 125th Anniversary Symposium of Waseda University — 21COE-GLOPE”
October 18-19,22, 2007
 
コンファレンス終了のご報告
 早稲田大学21COE「開かれた政治経済制度の構築」(COE-GLOPE)では、早稲田大学政治経済学術院と共に、ダグラス・C・ノース教授(ノーベル経済学賞受賞者、セント・ルイス・ワシントン大学)とジョセフ・E・スティグリッツ教授(ノーベル経済学賞受賞者、コロンビア大学)を招聘した大学創立125周年を記念する講演会を10月18日−19日と22日に開催した。どちらも大変盛況であり、21COE-GLOPEの研究成果を広く周知することとなった。
 ノース教授の講演は"The Natural State: Why Economic Development is so difficult to achieve"というもの。人類の経済発展の歴史を自然状態/国家からオープン・アクセス社会への移行と捉え、それを理解する理論的フレームワークを提供しようという壮大な構想である。これは「開かれた政治経済制度の構築」という、21COE-GLOPEの中心テーマと深く関わるものである。良かった点が二つある。一つは、COEフェローを中心として聴衆からの質疑応答(Q&A)が積極的に行われたことである。もう一つは、教授の知的好奇心と若手への配慮である。教授は18、19両日にわたって開催されたGLOPE研究集会の二日目に足を運び、若手研究者のポスターセッションによる研究にすべて眼を通し、コメントをしてくれた。
 他方、スティグリッツ教授の講演は"Globalization, Development, and Poverty: Contrasting Perspectives"と題するもの。教授年来の持論である不完全情報・市場の経済学と多数のデータを用いながら、グローバル経済の可能性とリスクを手際よく整理した。「80分間世界経済一周」とでもいうべき教授の講演は時宜を得ており、きわめて刺激的であった。時間帯がちょうど授業の入れ替わりにぶつかったために、開始30分くらいに音響効果のよすぎる大隈講堂はややざわついたものの、精力的に話す教授の講演には多数の一般聴衆も魅了されていた。ここでも教授への質疑応答は活発になされた。
 なお、両講演会には東洋経済新報社、光文社、およびサイマル・インターナショナルの後援を得た。記して深く感謝したい。
 
21世紀に入り、われわれは依然として、国内での経済的課題に加えて、平和を維持し、地球 環境を守り、国際経済体制を堅持することなど、多くのグローバルな課題に直面しています。 個人や企業などが国境を越えて行き来する現代社会においては、一国の政策はその国にすむ人 々だけでなく、地球上の他の地域で活動している人々にも影響を及ぼします。早稲田大学21 世紀COEプログラム「開かれた政治経済制度の構築」(GLOPE)は、このような政治も経済も国 際的に強く依存し合う「開かれた」国家社会間の紛争解決、制度設計、政策協調の理念を探求 してきました。
本年は、我々の21COE-GLOPEプログラムの最後の年であり、かつ早稲田大学創立125周年に あたります。この度、21COE-GLOPEは創立125周年記念事業の一環として、ダグラス・ノー ス教授(ワシントン大学)とジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学)の二人のノーベル 賞受賞者をお招きし、公開コンファレンスを行います。さらにこのコンファレンスではGLOPE プログラムの研究成果発表と残された課題等の討議を行います。
 
Thursday, October 18 INTERNATIONAL CONFERENCE HALL

Time: 10:00-12:30
Session: Comparative Perspective on Political-Economic Systems
Chair: Kazumi Shimizu (Waseda)
Speakers:
Masahiko Gemma (Waseda), "Agricultural Development and Institutions: An Applied Study with Micro Data"
Yukihiko Funaki (Waseda), "Endogenous Institution Selection and Group Competition in Public Goods Game"
Kazuharu Kiyono (Waseda), "Incentive-Sensitive Political Economic Systems"
Takayuki Ito (Waseda), "Do Pacts Lead to Democratization?"
10月18日(木) 10:00-12:30 国際会議場
報告 弦間正彦・船木由喜彦・清野一治・伊東孝之
14:00-16:30 国際会議場
基調講演 ダグラス・ノース氏(ノーベル経済学賞受賞者・ワシントン大学セントルイス)

Friday, October 19 INTERNATIONAL CONFERENCE HALL

Time: 10:00-12:30
Session: Philosophy, Political Science and Economics: A Dialogue
Chair: Hidetoshi Nakamura (Waseda)
Invited Speaker: Reiko Goto (Ritsumeikan University),
"Economic Thinking and Beyond−Ethics and Economics, a New Framework 'Against Injustice' "
Speakers: Koichi Suga, Naoyuki Umemori, Kazumi Shimizu (Waseda),
"Constructing New Social Norms for Open Political Economic Systems −Governance of Time and Space−"
Time: 14:00-15:15
Session: Computer Assisted Self Interview (CASI)
Chair: Koichi Kuriyama (Waseda)
Invited Speaker: Yoshitaka Nishizawa (Doshisha University)
"CASI: Merits and Limitations"
Speaker: Masaru Kohno (Waseda)
"Computer Assisted Self-Interview and Experiments"
Time: 15:30-16:30
Panel Discussion
Title: New Directions of Global Political Economy
Chair: Shiro Yabushita (Waseda)
Discussants: Yoshiko Kojo (University of Tokyo), Shozo Iijima, Aiji Tanaka, Kazuharu Kiyono, Ryo Nagata, Seishi Sato (Waseda)
10月19日(金) 10:00-16:30 国際会議場
招待講演 後藤玲子(立命館大学)・西澤由隆(同志社大学)
報告 須賀晃一・梅森直之・清水和巳・河野勝
パネルディスカッション 古城佳子(東京大学)他

Poster Presentation (at 3rd Floor, Room 1) 18th 16:30-17:30, 19th 12:30-14:00

Kiichiro Arai (Waseda), "Mechanism of Habitual Voting: Simulation Model of Voter's Turnout"
Tomohiro Inoue (Waseda), "Interregional Mixed Duopoly"
Masanori Ohkuma (Waseda), "The Effect of Banking Crises on Regional Economics Growth: Empirical Evidence from Japan"
Kohei Kamaga (Waseda), "Q-anonymous Social Welfare Relations on Infinite Utility Streams"
Ai Takeuchi (Waseda), "Endogenous Institution Selection: Experimental Analysis on the Effect of Selection Process and Uncertainty"
Yasuhiko Nakamura (Waseda), "Stable Market Structures from Merger Activities in Mixed Oligopoly with Asymmetric Costs"
Masaaki Higashijima (Waseda), "Democracy, Globalization, and Ethnic Diversity: Empirical Analysis of the Post-Communist Countries, 1993-2002"
Norihiro Mimura (Waseda), "The Stability of Partisanship"

Monday, October 22 OKUMA AUDITORIUM

Time: 14:00-16:30
Invited Public Lecture: Joseph E.Stiglitz (Nobel Prize Winner in Economics, Columbia University)
Chair: Shiro Yabushita (Waseda University)
10月22日(月) 14:00-16:30 大隈講堂
特別講演 ジョセフ・スティグリッツ氏(ノーベル経済学賞受賞者・コロンビア大学)
ノース氏・スティグリッツ氏の講演には同時通訳あり
参加費無料
poster leaflet(top) leaflet(back)

Sponsored by: Faculty of Political Science and Economics
21COE-GLOPE
Open Research Center Project, Graduate School of Economics
(Matching-fund subsidy from MEXT)
Supported by: Toyo Keizai Inc.
Kobunsha Publishers, Ltd.
Simul International, Inc.
Copyright Waseda University, 21coe-glope