JAPANESE ENGLISH
21coe-glope.com
開かれた政治経済制度の構築
21COE-GLOPE SITEMAP リンク
GLOPEについて
理念班 −制度を支える理念を問う−
梅森 直之

 われわれの日常生活を保護すると同時に制約するさまざまな政治経済制度は、それを支える人々の価値理念があってはじめて有効に機能する。平等な社会参加を保障する制度も、国民に異質な者を差別し排除する意識があればうまく働かない。開かれた政治経済制度は、それに相応しい開かれた価値理念を人々に要求するであろう。

 理念班の課題は、グローバル化時代における社会形成理念を創造することである。開かれた社会のための新しい公共性概念を構成し、それに基づいて政治経済制度の評価基準を策定する。そのために、政治学・経済学・法学の各領域で公共性がどのように捉えられてきたか、制度設計に際していかなる役割が期待されてきたかを検討する。また、ケース・スタディや実験アプローチによって、制度設計に必要不可欠な制度を支える理念を類型化し、理念を選択する基準を確立する。それらの作業を通じて、新しい政治経済学の規範理論の構築を目指す。

 梅森 直之
学歴・学位/
シカゴ大学・Ph.D. (政治学)
業績/
梅森直之編『ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る』、光文社、 2007
PROJECT.1 政治学・経済学・法学の対話

「開かれた政治経済制度」の構築には、政治学・経済学・法学のもつ多様な価値理念を許容しながらも、互いのコミュニケーションを可能にする共通の場が必要である。このプロジェクトでは、三者の対話を進めるための共通基盤を構築する。そのために共同研究やシンポジウムを通じて相互理解を深め、さらに新しい方法を開発し提案する。

[主な活動・実績] 政治学・経済学・法学を融合する領域横断的パラダイムの実践として「社会的正義の政治経済学を目指して」シンポジウムを開催。

PROJECT.2 政治経済理念に対する実験アプローチ

人はいかなる分配を正義と感じるのか。この問題に関して、近年、道徳哲学や社会的選択理論において分配的正義に関する議論が活発に行われている。このような演繹的研究を補完するためには、実際の人間がどのような分配を正しい(正義・公正)と見なすのか、そして、そのような「価値感情」が人間行動にどのような影響を及ぼすのかについての実証的な分析が必要である。人々がもつ正しさに対する認識を政治経済実験によって明らかにする。

[主な活動・実績] 「価値感情」指標をアンケート調査し、被験者プールを構築。「利他的懲罰」の関係を検証する実験のデザイン。「CAPI (computer assisted personal interview)による世論調査+実験」のデザイン。『政治経済学方法論:入門編』の準備。

PROJECT.3 現代社会の規制−放送通信分野を中心として

現代社会における規制の新たな問題は、法・政治・経済が錯綜する分野に生じている。特に放送通信分野では、技術の急速な進展によって、従来の規制のあり方の抜本的な見直しが求められている。表現の自由、公共性、効率性、公平性などの観点から、新たな規制のあり方を多角的に検討することが必要である。

[主な活動・実績] 「表現の自由」を「公共財」の観点から議論する連続ワークショップを開催。

 PROJECT MEMBER
梅森 直之 栗山 浩一 飯島 昇藏 川岸 令和 西原 博史 清水 和巳 須賀 晃一
Copyright Waseda University, 21coe-glope