22号館コンピュータ自習室整備 プロポーザル事業内容説明会について

本学では、2018-2020年度に実現すべき施策を示した情報化重点施策(2018-2020)の基本方針として「PCルームからBYOD(Bring Your Own Device)を主体とした平易なICT利用環境の実現」を掲げています。

この先行ケースとして、22号館コンピュータ自習室内のグループ学習室2・グループ学習室3およびPCを一部撤去したスペースに、BYOD端末を利用して個人学習が可能なスペースを設置します。
また、様々な資格の利用者が教育・研究などで利用することを踏まえ、拡張される大学システムの各種機能や統合管理された利用者情報と連携して、快適な教育・研究環境の整備を計画しています。 このうち、導入から6年が経過するコンピュータルームのPC等を更新することで、教育支援・研究支援を強力に推進していくための情報基盤を確立させております。

今回、22号館コンピュータ自習室整備 プロポーザル事業内容説明会を以下のとおり開催いたします。

ご参加のうえ、ご提案いただければ幸いです。


22号館コンピュータ自習室整備 プロポーザル事業内容説明会について

  1. 事業内容説明書・提案依頼書
    • 提案依頼A:22号館コンピュータ自習室 PC更新
    • 提案依頼B:22号館コンピュータ自習室 個人学習・BYODスペース構築
    • こちらよりダウンロードのうえご確認ください。
  2. 事業内容説明会
    • 開催日時:2019年6月3日(月)9:30-12:30
    • 開催場所:早稲田大学 早稲田キャンパス 24号館6階602講義室
    • 説明会参加申込:2019年5月31日(金)17:00まで に下記【お問い合わせ先】までメールにてご連絡ください。
  3. 留意事項
    • 説明会参加企業のみプロポーザル提案を行うことができます。
    • 説明会参加は1社につき2~3名までとします。

【お問合せ先】

  • 早稲田大学情報企画部情報企画課(担当:堀)
  • 早稲田大学ITサービス(担当:矢吹)
  • e-mail:以下の2アドレス宛にご連絡ください。
     TO: wits-proposal@list.waseda.jp
     CC: was-its@w-as.jp

以上

TOPへ戻る