大学ICT推進協議会(AXIES)年次大会で新設備を紹介しました

大学ICT推進協議会(AXIES)の年次大会が、2014年12月10日~12日に仙台で開催されました。情報企画部もブースを
  ※大学ICT推進協議会(AXIES):http://axies.jp/ja
「高等教育・学術研究機関における情報通信技術を利用した教育・研究・経営の高度化を図り、我が国の教育・学術研究・文化ならびに産業に寄与する」ことを目的として設立された一般社団法人であり、全国の国公私立大学が参加しています。

・ワイヤレスプレゼンテーション
 利用者が持ち込んだ機器から教室プロジェクターへワイヤレスで投影できます。
 接続ケーブルが不要なため、機器を持ったまま教室内を回りながら投影を続けることができます。

図1 ワイヤレスプレゼンテーションの概要

・レーザー光源プロジェクター
 電源を入れてから約6秒で入力映像が投影されるため、教室に来て、すぐに授業を始めることができます。
 電源を切る際も短時間で済みます。

・授業収録システム
 専用のWebサイトにて予約したスケジュールにもとづき自動で授業を収録するシステムを導入します
(2015年4月導入予定)。

図2 授業収録システムの流れ

・教室設置PCの仮想化
 一般教室の教卓にある常設PCに仮想化システムを導入します(2015年4月稼働予定)。
 PCの見た目や使い勝手は変わりませんが、仮想化することにより、セキュリティのアップデートを迅速に適用でき
 るなど運用面でメリットがあります。

・最新のプロジェクターの導入 https://www.waseda.jp/ches/
 設備に加え、VisionPresenterとよばれるプロジェクター2台によるマルチビューシステムも導入しました。

図3 VisionPresenterの概要

 

・グループ学習室の新設 https://www.waseda.jp/ches/
 W Spaceというグループ学習室(7ブース)を新設しました。
 CTLTクラスルームでの授業の前後にグループで予習・復習したり、プレゼンテーションの練習をしたりすることができ、21:00まで利用可能です。

 

TOPへ戻る