ケース20「AB型RH- 献血の御願い」

決してこのようなメール、またはこれらに類するメールの転送を行わないでください。

私たちの仲間である**君の奥さんが妊娠されておりますが、先日入院
されました。病名は、【全前置胎盤】です。(全前置胎盤...胎盤が逆に
なって子宮口を覆っている為、出産時は帝王切開で胎児を取り出し、胎
盤を除去する)出産予定は、8月初旬でありましたが、この為、7月初旬
(第一週位)に帝王切開し、胎児の取り出し及び、胎盤の除去を行いま
す。帝王切開の際、輸血が必要ですが、上記血液型の為、病院でも、輸
血用血液が全然足りなく、また、集まるか否かが問題になっております。 
情報提供を宜しく御願いします。
情報があれば早急に投げてください。早ければ早いほど対応が取れます。 

〔手術実施時期〕 
 7月上旬(第一週位)...胎児が生まれて肺呼吸が出来るのがギリギリ
34週である。 
 また、母体の状況によって、これ以前になる可能性あり。 
〔必要血液量〕 
 約1~10リットル。手術の状況により変化。多ければ多いに越した
ことは無い。 
〔病院での確保量〕 
 1.8リットル
 「内訳」
   600CC    関東中の血液センターより掻き集め確保。
   1.2リットル 3週間前より本人より備蓄用に採血。(輸血用血液
保存期間:3週間のため) 
〔協力してくださる方〕

平日(月・火・水 17:00頃迄)日医大永山病院にて医師の説明を受けた
後血液検査(トータル約1~2時間)

6月中旬より採血開始 1回200CC 最大 毎週3回で600CC(採血時間 
約10分)

手術日 病院にて待機して頂きたい
1人分の採血量が200CC/回であることで分かるように絶対的人数が不足
しております。 
また、協力して頂ける方は、出来れば、3回採血して頂きたいですが、1
回の採血でも、当日待機でも、構わないので、協力してください。連絡
ください。宜しく御願いします。

TOPへ戻る