ケース14「恨みのメール」

決してこのようなメール、またはこれらに類するメールの転送を行わないでください。

7月7日、私の親友Кちゃんが、自殺しました。Кちゃんは、妊娠していて、
5ヵ月目に入り堕ろすこともできませんでした。お腹の赤ちゃんは、1月の下
旬に強姦された時の子供です。その日、私達は佐賀県の嘉瀬にある遊道楽にい
た時に6人の男にナンパされ少し酔っていた私達は誘われるままにカラオケに
ついて行ってしまいました。途中、男達が持って来たジュースを飲みその後の
記憶がとびとびになり気が付くとКちゃんの姿はなく私は3人の男に犯されて
いました。
抵抗しようとしても薬が効いていて体が思うように動きませんでした。数時間
後、Кちゃんが戻って来て男達は、私達を置き去りにして帰ってしまいました。
その後、私達はどうやって帰ったかも分からずこの日の事は、思い出さないよ
うにしてきました。でも、7月7日の朝、「さよなら」と言う電話を最後にК
ちゃんは、二度と帰らない人になりました。このメールを14人以上の人に伝
えて下さい。
あいつらの悪事を、多くの人に知ってもらう為に。私にも、あの男達の子供が
出来ていて堕ろせません。今からКちゃんの所にいきます。
もし、このメールを無視したら3日以内に、私とКちゃんがあなたの所に行き
ます。
 ↑
以上のメールは、僕の友達に送られてきたものです。友達は、メールを無視し
た3日目の夜に、胎児を抱いた血まみれの女が現れ、「あなたがこの子の父親
だったのね」と、言って首を締めてこようとしたそうです。
友達は逃げようとして外に飛び出して事故に遭いました。この話を聞いた数日
後このメールが送られてきて恐かったので送りました。それに友達のような事
が起きない様にしたかったから。あなたも僕の友達の様に無視しないであの男
達の悪事を広めてКちゃん達の怒りを、少しでも静められる様にこのメールを
回して下さい。僕の友達もこのメールを無視したら、事故にあって死にました。
僕も、こういうメールはいつも無視していますが、今回は、送る事にしました。
本当に、あなたも、このメールを送ってください。これ以上犠牲者を出さない
ためにも。
よろしくお願いします。

TOPへ戻る