ケース13「アートシステム」

決してこのようなメール、またはこれらに類するメールの転送を行わないでください。

まずは☆☆☆☆・・・・マークごとに、次を読むかどうか判断してください。
くれぐれも斜め読みをしたり、マークの途中で読むのを止めないでください。
どうしてもお読みになりたくない方は、お手数ですがこのままお捨てください。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これまで、あなたは、これまで一獲千金をうたったメールを受け取った経験が
おありかも知れません。
ですが、「完全に合法で」「僅かな資金と手間で」「確実に」「大金が入手で
きる」などという話は、道端に金塊が転がっているのと同じぐらいにありえな
い話です。
一万円札を千円で売ってくれる人は地球の果てまで探してもいません。
あなたは、そんなことはとっくに御承知のことと思います。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここであなたに御案内する「アートシステム」は、4点4000円で購入して
頂くデジタル版泰西名画です。
まず、この購入が等価取り引きではないことを了承してください。
すなわち、代金と、販売協力(メールの配布)のお約束、この両方と引き換え
にお譲りするということです。
購入は、1点1000円ずつを指定リストにしたがって別々の箇所に送金しても
らいます。
同時に、リストの一番下の名前を削って冒頭に自分を加えた形でこのメール自
体を修正し、できる限りたくさんの方に送信してください。
賢明なあなたは、ここでピンと来たと思います。このシステムはどこかで聞い
たことがある。いわゆるネズミ講(無限連鎖講)ではないか。違法行為に荷担
するのはご免だ・・・・と。
この手の勧誘はみんな「合法的」と称しています。
たとえば、金銭を集めるだけではなく商品を販売するから合法とか、リストの
頭を一人ずつ削るから合法とか。
これらは今のところ法解釈の分かれている段階で、まだ摘発されていないもの
も多いのですが、今後違法と判断される可能性がないとはいえません。
その場合、参加者も罪に問われる場合があります。
アートシステムは、そうした議論や解釈の余地なく、明白に合法です。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
それは、この勧誘の連鎖が有限であることをここで宣言してしまうからです。
「無限連鎖講の防止に関する法律」第2条には、「加入者が無限に増加するも
のとして」、という定義があります。
当たり前の話ですが、勧誘の枝葉を次々増やしていく以上、地球人口にいきわ
たった時点でストップしてしまうことになります。
最後の枝になった人にはお金は入りません。
まるで、参加すれば確実に儲かるといわんばかりの勧誘はこの事実を無視して
ミスリードいるわけですから、当然法規制の対象になるわけです。
実は無限連鎖講に乗る人は、実はこうしたことを承知で、自分だけは最後の枝
にならないと雑に楽観している人が多いのです。
ですが、すべてお見通しのあなたのため、あらかじめ正直に書いておきます。
この最後の枝が一番多いのです。それも圧倒的に。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アートシステムでは、類似のシステムに援用された各種理論、各実績などを徹
底分析した結果、臨界点を最低9世代と予想しています。
仮にぞれぞれが順に5名ずつの購買者を獲得し、200万人に達する直前、
ちょうど9代できっちりストップした場合、6代目以前の人は約80万円の収益
を手にできる一方、83%が最後の枝となるのです。
もちろん、これは、あくまで単純化した数字で、インターネット人口の増加や
海外配信を考えあわせると、達成金額または最後の枝の代数は遥かに大きくな
ると思われます。
もちろん、最後の枝となったとしても、代金プラス若干の労働(販売協力)と
デジタル絵画で等価取引きであるという当初の趣旨どおり、損を被るわけでは
ありません。
そんなことでは納得できない!、そんな率の低い話ならヤメタ!という前に、
もう少しだけ読んでみてください。
(とはいっても代価に対する商品が存在しないと仮定しても、宝くじなどより
は何倍も率はいいのですが)
最終的に8割という数字は、全時点を通してのトータルなのです。時系列で考
えてみてください。
あなたがシステム初期の購入者であるなら、高収入を得る確率はほぼ100%
です。
逆に末期であるならその逆です。時間軸で考えるなら、初代を除いても8分の
5の確率で80万円以上の収益を得られるのです。
では、自分はこのシステムが始まってそもそも何代目の勧誘対象なのだろうと
気になっていることと思います。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それだけは、お教えできません。また、このメールはリストを除いて完全に同
一文面で転送されるルールですから、お教えすることは不可能です。
リストに4人の名前があるから少なくとも5代目だろうと考えたりするのも間
違いで、このメールはそもそも第1号から4つの名前を載せています。
つまり最初の4人だけは縦列です。
このメールとまったく同文のメールが別の差出人から何通も入っているという
のも、むしろ初期におこりがちな現象なので、必ずしも悪材料にはなりません。
ただ、その間隔などは判断材料になるかも知れません。ヒントはこれぐらいに
しておきましょう。あなた自身の勘と決断力にお任せします。
たとえば現在この文章を起こしている者は当然初代ですから、直接メールを出
す人に向かって別枠で「ここだけの話、あなたは2代目です」と呼び掛けたい
誘惑でいっぱいですが、自らこれを禁じ手とします。
ですから、初代を除いてチャンスはまったく平等と考えてください。

話をまとめます。
「第1に、4点のデジタル絵画を私たちのシステムにしたがってとして購入し
てください。
対価として、金4000円と、若干の販売協力をお願いします。
一定の確率で多額の収益があがります」
こういうことです。
無限連鎖取引防止法、訪問販売法、景品表示法、賭博富くじ禁止法、いずれに
もまったく抵触しません。
ご自分で法令や判例集をご確認いただいても結構です。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それでは、参加の方法をご説明いたします。
まず、下記の住所に、それぞれ千円の定額小為替(無記名)と、自分の連絡ア
ドレスを普通郵便で送って下さい。
返信用封筒の隅には下記のリストにしたがって「絵画A」「絵画B」などと記
しておいてください。
 〒***-****   東京都*********-*-***  **(***)     絵画A
 〒***    東京都*******  *******             絵画B
  〒***      川崎*******  *****(*******)   絵画C
  〒***    東京都******* **(***)               絵画D

次に、上のリストの一番下の人を削り、全体を1行ずつ繰り下げて一番上にあ
なたの住所と名前を載せて下さい。
住所を秘匿したい方については次に説明します。
絵画A~絵画Dの指定はそのままです。つまり、あなたの名前の横に絵画Aが
来ることになります。
デジタル絵画は指定のサイトからダウンロードして頂くことになりますが、そ
の方法はそれぞれの送金先から返信用封筒で送られてきます。
また、絵画Aからは、今後の順送り返信の方法その他について補足した簡単な
説明書が添付されます。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

住所やメールアドレスを秘匿したい方へ。
郵便局の私書箱は実際上登録が困難なので、私設私書箱(夕刊紙などに案内が
出ています)か局止めを利用してください。
局止めは、1週間保管で、通知はありませんので(住所が書いてありませんか
ら当然です)、自分で不在郵便物窓口に足を運んで受け取って下さい。
その際、身分証明書(団体名の場合は名刺も)が必要です。職場や家の近くの、
できれば顔なじみのところをお勧めします。
くりかえしますが、一切法に触れませんので、こそこそする必要はいっさいあ
りません。
ただ、たくさんの人に配布されますので、悪戯等を避けるたりする必要はある
と思います。
メールアドレスについては、架空のものをメールソフトの設定(自分のアドレ
ス)欄に記入しておいてもさしつかえありません。
以降の連絡はすべて郵便となりますので。


           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本メールを日本語以外に翻訳して海外送信する場合について。
正確に翻訳のうえ、上記の「千円の定額小為替」を現金10米$と書き換えて
ください。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

メールの配布について。
この文章を、上のリスト変更以外一切手を加えずに、なるべくたくさん(少な
くとも1000)の方に送信してください。
アドレスは、副業、在宅ワークをはじめとした掲示板、ホワイトページと呼ば
れるアドレス帳サイト、
各プロバイダの個人ホームページ案内などから入手できるほか、大量のアドレ
スを一括販売している業者もあります。
副業掲示板などで呼びかけてみれば、5000件3000円といった相場で
セールスがあると思います。
また、ホームページ上に記載されているアドレスを自動収集するロボットソフ
トもあります。
なお、この文章を直接掲示板などに掲載することはしないでください。
リストの繰り上げ以外の改変、その他ルール破りは絶対に謹んでください。
混乱があなた自身に禍となって跳ね返ってきます。

           ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上で、アートシステムについての説明を終わります。
あまりに正直に説明しすぎたため、かえって迷っている方も多いと思います。
ですが、実際、かなりの方に(すべての方にとは申しません)とって、非常に
大きなチャンスが足元に転がっているのです。
それほど大きな負担ではありません。危険もまったくありません。
あなたのちょっとした決断が1ヶ月後の大きな喜びをもたらしますように。

TOPへ戻る