ケース2「幸福の手紙?(駄洒落メール)」

決してこのようなメール、またはこれらに類するメールの転送を行わないでください。

友達からまわってきたメールです。
くだらないのもあるけど、
笑えるもの、結構あります。
少しの間だけでもホントに幸せな気分になれるよ。
幸せになって下さい。

> この文章は、東芝、NEC、富士通、松下等を回って来たメールだ
> そうです。
> だれしも、このメールを仕事中に読んで、大笑いをして、
> 周りの人に変に思われたとのことです。
> このメールを受け取った人は、このメールを知人に出して、回り回
> って、また、自分の所に戻ってくると、めでたく幸福になれるという事で
> 幸福のメールと呼ばれているそうです。
> では、始まり、始まり...。
>
> ●先日、ぼくが友達とファミコンをしていると 通りかかった母
>  が「おまえたちはいいねぇ、毎日がエブリデイで」と言った。
>  母はいったい何がいいたかったのだろぅ・・・・。
>
> ●家族揃って夕食をとっているとき、何かの拍子に怒った父が、
>    「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ」と言おうとして、
>  「誰のためにメシ食ってんだ!」と怒鳴った。
>  私と姉は「自分のためだよ」と答えた。
>
> ●夫婦ゲンカのとき、父が母に「バカモノ!」と言うのを、間違 って、
>  「バケモノ!」と怒鳴ってしまった。ケンカはさらにひどくなった。
>
> ●うちの母は、頭が痛くなると氷でおでこを冷やします。
>  先日も夜中にかなり痛みがひどくなり、
>  暗闇の中をフラフラしながら台所へ。
>  冷凍庫から、あらかじめビニール袋に入れてある氷を取り出して
>  おでこにのせて眠りました・・・。翌朝、目が覚めてみると、
>  母の枕元には解凍されたイカが転がっていました。
>
> ●甘味屋さんで、母は田舎汁粉を、私は御膳汁粉を頼みました。
>  店員さんが、田舎はどちらですか?」と聞いたら、母はとっさに
>  「はい、新潟です」と答えてしまいました。
>
> ●先日、父は、男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめようとして、
>  「おまえ、人間は顔じゃないぞ」と言うところを、
>  「おまえの顔は人間じゃないぞ」と言ってしまった。
>
> ●妹が夕食にスパゲティを作ってくれることになりました。妹は
>  「今日はカルボナーラを作るね」と母に言っていました。
>  夕方、私が外から帰ると母が、「もうすぐボラギノールができるってよ」
>  と言いました。ソレって痔の薬じゃ‥‥‥?
>
> ●弟は、誰に似たのかとても勉強ができる。
>  それで、高校1年生のとき、アメリカに留学することになった。
>  そのとき、母は親戚や近所の人に、
>  「うちの息子をアメリカにホームレスにやるんですよ」と言って
>  自慢して歩いていた。
>  ホームステイとホームレスを間違えていたのである。
>
> ●うちの父は、沖縄に向かう飛行機の中でエラソーに、
>  「沖縄は島全体が『さんしょううお』なんだぞ!」と言った。
>  それを言うなら、サンゴ礁だろ!!
>
>       <<<< 第 2 話 >>>>
>
> ●夕食後、テーブルの横でうたた寝をしていた父がうなされてい
>   たので、
>  私は母と、「悪い夢でも見ているのかな?」と話していると、突然、
>  「ライダー、助けてっ!」
>  と父が叫んだ。ちなみに父は56歳です。
>
> ●うちの母がテレビを見ていると、美人のアナウンサーが出てきた。
>  母は、「こんな人が嫁に来てくれるといいわ」と言って
>  ニコニコしていたが、ウチの家族で男はお父さんしかいない。
>  母は、いったい誰の嫁がほしいのだろうか・・・・・。
>
> ●お風呂に入っていた父が、突然、大声でわめきだしました。
>  「大変、大変! どっかから鼻血が出てる!」
>  いったい、父のどこから「鼻血」が出たのでしょうか・・・・?
>
> ●私の友達は仮免中に教官に
>  「はい、この先の赤信号の交差点を右折して」
>  といわれ、何の疑いも無く、信号が赤信号のままの交差点を右折
>  した。
>
> 第3段  はじまり、はじまり・・・。
>
> 酔っ払って帰宅した夫は、そのまま居間に?甓てしまった。
> 重くてとても寝床まで運べない。
> 「這(は)って行ってよ」と何度も声をかけたが、そのたびに夫は
> 「ハッ! ハッ!ハッ!」と答えた。
> (5.18朝日新聞)
>
> 阪急電車の中、3歳位の男の子がおしっこをしたがっている様子。
> 子供「ママおしっこ」
> ママ「どうしてもっと早く言わへんのっ!」
> すると子供は何を考えたのか、
> 早口で「ママッおしっこ」。
> (2月号Lマガジン)
>
> 大幅に遅れたバスにおじさんが乗り込みながら、
> 「バスってえのは遅れた時は待たにゃならんが、
> 客が遅れた時は1分だって待ってくれずに、ハイ、サヨナラだからな 」
> と言った時、あとに続く乗客全員がうなずいた。
> (2.11朝日新聞)
>
> 某工場内の「おれがやらなきゃだれがやる」という看板が、「だれが」の
> 「が」の点が削られ、
> 「おれがやらなきゃだれかやる」になっていた。この会社の将来は…。
>
> (10.27ぴあ:97秋第2位)
>
> 友人は入社試験の面接で、あまりに緊張してしまい、
> 「家業は何ですか」との質問に「かきくけこ!」と答えてしまい、
> 家に帰るまで、何で「カ行」を尋ねられたか分からなかったそうだ。
> (11.23北海道新聞)
>
> 一人息子がちゃんと留守番できているかどうか、
> 公衆電話から他人のふりをして家に電話してみた。
> 「もしもし、お母さんいる?」息子「いらない」。
> (3.17北海道新聞:96春第2位)
>
> 電話で書店に本を注文した時のこと。住所と氏名を聞かれたので、
> 名前の「和英」を和は「ヘイワのワ」、英を「エイゴのエイ」と答えた。
> 後日送られてきた郵便物の宛て名は
> 「和A様」となっていた。
> (95.6.11毎日新聞:95夏第2位)
>
> 「水戸黄門外伝・かげろう忍法帖」の最終回で、事件がすべて解決し
> 故郷へ戻ることになった
> 由美かおるたちは、喜びのあまり「ヤッホー」を連発していた。
> でもそれってもしかしてドイツ語じゃ…。
> (ちなみにあの「水戸黄門」には、格さんが「おいハチ、ファイト!」
> と言ってしまった前科があるらしい。)
> (95.10.3ぴあ:95秋第3位)
>
> 国語のテスト前に問題を出し合っていた中学生の長男と次男。
> 長男の「擬音語にはどんなものがあるか」との問いに、
> 次男は「そうどすえ」と答えていた。
> (9.21朝日新聞)
>
> 新鮮なお魚を「死にたてピチピチ」と言う私を、母はとても嫌がる。
> だって本当のことじゃないの。
> (9.29ぴあ)
>
> 理髪店で中学生が「少し長めにして下さい」と頼むと、
> ご主人が「耳はどうしますか」と聞き返した。
> 中学生は少し考えていわく「切らないで下さい」。
> (10.5週刊読売)
>
> おはようからおやすみまで暮らしを見つめる 〓 ストーカ―。
> (6.29週刊読売)
>
> 父が入院することになって、病院に予約を入れて自宅で待機していたら、
> 思わぬ早さで連絡が来て、「明日から入院して下さい」。
> 突然のことで、心の準備が出来ていなかった父は、思わず「今、
> ちょっと体の具合が悪いので、少し延ばしてもらえませんか」と言ってしまっ
> た。
> 病院も何の疑問を持たず父の要望を受け入れた。
> (6.15週刊読売)
>
> 「JUNKO」というデザイナーのネーム入りトイレマットを敷いた日、夫は
> 「J」の文字を踏んでいたらしく、トイレをでるなり、
> 「あのマットはなんだ」とのたもうた。
> (1.18朝日新聞)
>
> 結婚した教え子から年賀状が来た。
> 「性が変わりました」と書いてあった。
> (2.8朝日新聞)
>
>   -----------------------------
>
> このメールをもらったら5人以上の人に転送してください。
> そして、幸せをわけあたえるのだ。
>
>
…

TOPへ戻る