チェーンメールとは (RFC1855jより抜粋)

チェーンメールとは (RFC1855jより抜粋)

電子メールでは、絶対にチェーンメールを送ってはいけません。チェーンメールはインターネットで禁止されています。 あなたのネットワーク利用権を無効にされるでしょう。もしあなたがチェーンメールを受け取ったならば、所属組織のシステム管理者に連絡してください。チェーンメール(チェーンレター)とは、幸福の手紙(不幸の手紙)のように別の人に同じ内容を転送することを要請する内容の手紙です。理由の如何を問わず禁止されています。

〔中略〕

電子メールメッセージを配達するのにかかるコストは、平均すると、その送り主とその受け取り人(あるいは、彼らの組織)がだいたい等しく負担します。 これは、通常郵便や電話、テレビ、ラジオのような他の媒体とは異なっています。また、誰かにメールを送ることで、ネットワーク帯域幅やディスク容量、CPU 処理量のようなその他のコストを相手に負担させているかもしれません。 これは、頼んでもいない広告電子メールが歓迎されない(そして、多くの状況において禁じられている)ことの基本的経済的な理由です。

WINDに於けるチェーンメール

電子メールを利用したチェーンメールの発信ならびに転送は、以下の事由により、早稲田大学情報関連システム利用内規第6条第4、12、13、14項に関して、違反する。 従って、WINDにおいて電子メールを利用したチェーンメールの発信ならびに転送を行ったものは、学則ならびに早稲田大学情報関連システム利用内規に基づいて処分の対象となることがある。

電子メールを利用したチェーンメールの発信ならびに転送は、無意味な、多数のメールの送受信によって、ネットワークのトラフィック、メールサーバのCPUならびにメモリ資源を浪費し、ネットワークの運用に支障をきたすおそれがある。

電子メールを利用したチェーンメールの発信ならびに転送は、受信者にとって無意味な、または迷惑な、または不安を与えるおそれのあるメールを送信することであり、また受信者が同様の行為を行うことを強制している。 この点で、ユーザの善意と相互信頼で成り立つネットワークの運営に支障を来たし、また学生の本分にもとる行為である。

TOPへ戻る