第5章 コンピュータ教室オープン利用

(趣旨)

  • 第152条 情報企画部は,所管するコンピュータ教室を,授業等で専有利用していない場合に限り,個人の利用に供することができる(以下「オープン利用」という).この章では,オープン利用に関して必要な事項を定めるものとする.

(管理・運用)

  • 第153条 コンピュータ教室の管理・運用等およびオープン利用に関する事項は,情報企画部長が定める.

(利用資格)

  • 第154条 コンピュータ教室をオープン利用できる者は,次の各号に掲げる者とする.
    •  本大学教職員
    •  本大学学生,科目等履修生,芸術学校学生ならびに高等学院および本庄高等学院生徒
    •  その他情報企画部長が適当と認めた者
  •  コンピュータ教室を利用しようとする者は,認証システムのユーザIDおよびパスワードの交付を受けていなければならない.

(利用目的)

  • 第155条 コンピュータ教室のオープン利用は,原則として学術研究および教育を目的とするものに限り,次の各号に掲げる順に優先して利用することができる.
    •  学部等設置の授業にかかわる自習
    •  上記以外の研究教育上の利用
    •  その他特に情報企画部長が認めたもの

(禁止事項)

  • 第156条 コンピュータ教室のオープン利用にあたって,第6条に定める禁止事項のほか,次の各号に掲げる行為は禁止する.
    •  システムの改変
    •  不正な利用
    •  資源の濫用
    •  施設設備を毀損する行為またはその恐れのある行為
    •  他の利用者の利用を妨げる行為
    •  その他オープン利用に相応しくないと認められる行為

TOPへ戻る