第1章 総則

(趣旨)

  • 第1条    この内規は,早稲田大学(以下「本大学」という)情報セキュリティポリシーに則り,本大学が管轄しているネットワークや提供しているシステム等(以下「本システム」という)の利用について,必要な事項を定めるものとする.

(利用資格)

  • 第2条    本システムを利用できる者は,第2章,第3章および第4章各節に定めるものとする.
  •         前項に関わらず,緊急災害時等において本システムを一般に開放する必要性が認められた場合は,情報企画部長の判断により一時的に利用資格を拡大することができる.
  •         この内規において、専任教員、専任教職員、教職員をそれぞれ次のとおり定義する.
    •       専任教員とは任期の定めのない教授、准教授および専任講師ならびに各高等学院の教諭とする.
            専任教職員とは専任教員および専任職員とする.
            教職員とは専任教職員、特任教授、助教、非常勤講師、助手、嘱託および学生職員とする.

(申請)

    第3条    本システムを利用しようとする者は,第2章,第3章および第4章各節に示す申請を行わなければならない.

(利用目的)

  • 第4条    本システムの利用は,原則として学術研究および教育を目的とするものに限る.ただし,学校の管理・運営および学生・教職員の福利厚生に資するための利用については認めるものとする.

(稼働時間)

    第5条    本システムは,保守・障害等の場合を除き,原則として常時使用できる.

(禁止事項)

  • 第6条    本システムを利用するにあたり,次の各号に掲げる行為は禁止する.
    •      自らのユーザIDおよびパスワードを貸与,販売,譲渡等により第三者に使用させる行為
           他の利用者のユーザIDおよびパスワードを不正に使用する行為
           他人を詐称する行為
           本システムの不正な利用またはそれを助ける行為
           営利を目的とした行為
           他の利用者,本大学または第三者の著作権その他の知的財産権を侵害する行為
           他の利用者,本大学もしくは第三者を誹謗,中傷しまたは名誉もしくは信用を傷つけるような行為
           他の利用者もしくは第三者の名誉,財産またはプライバシー等を侵害する行為
           詐欺等の犯罪に結びつく行為
           利用者個人の管理下にある情報以外の情報を改ざんしまたは消去する行為
         十一   有害なコンピュータプログラム等を送信,掲載または書き込む行為
         十二   計算機資源を不当に占有または浪費する行為
         十三   無限連鎖講を開設し,またはこれを勧誘する行為
         十四   他の利用者もしくは第三者に対し無断で広告,宣伝,勧誘等の電子メールを送信する行為,または他の利用者もしくは第三者が嫌悪感を抱くメール(嫌がらせメール等)を送信する行為
         十五   わいせつ等不適当な内容の画像,文書等を送信または掲載する行為
         十六   利用者もしくは第三者の設備等または本サービス用設備の利用または運営に支障を与える行為
         十七   公職選挙法ならびにその他法令および条例において定めのある選挙運動に相当する行為,またはこれに類似する行為
         十八   事実に反する情報や意味のない情報を故意に送信または掲載する行為
         十九   その他法令および社会慣行に反する行為,または公序良俗に反する行為
         二十   その他本システムの運営を妨げるような行為
         二十一   その他前各号に該当するおそれのある行為またはこれに類する行為
  •         利用者は,本システムの利用およびその結果につき自ら一切の責任を負うものとし,万一本システムの利用に関連し他の利用者または第三者に対して損害を与えたものとして,当該利用者または第三者から何らの請求がなされまたは訴訟が提起された場合,当該利用者は,自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし,本大学を一切免責するものとする.

(システムの利用停止)

  • 第7条    情報企画部は,本システム用設備の保守上または工事上やむを得ない場合には,何らの責任も負うことなく,本システムの利用を停止することがある.
  •         情報企画部は,前項の規定により本システムの利用を停止するときは,あらかじめその旨を利用者に通知する.ただし,緊急やむを得ない場合は,この限りではない.

(利用者に対する利用停止)

  • 第8条    情報企画部は,利用者が次のいずれかに該当する場合には,何らの責任も負うことなく,当該利用者による本システムの利用の停止,コンピュータ教室の利用(入室等)の禁止をすることがある.
    •       第6条に違反した場合
            前号の他この内規上の義務を現に怠りまたは怠るおそれがある場合
            適正利用のための指導に従わない場合
  •         情報企画部は,前項の規定により本システムの停止,コンピュータ教室の利用の禁止ををするときは,あらかじめその理由,利用停止を・禁止する日および期間または停止・禁止を解除する条件を利用者に通知する.ただし,緊急やむを得ない場合は,この限りではない.

(情報の自己管理)

  • 第9条    利用者は,本システムを使用して受信しまたは送信する情報については,本システム用設備の故障による消失を防止するための措置(バックアップ等)をとるものとする.また利用者は,やむを得ない事由により本システム用設備が故障した場合,利用者の情報が消失することがあることをあらかじめ了承するものとする.

(他ネット接続)

  • 第10条    本システムの取扱いに関しては,外国の法令,国内外の電気通信事業者等が定める契約約款等により制限されることがある.
  •         利用者が国内外の他のネットワークを経由して通信を行う場合,利用者は,経由するすべての国の法令等,通信業者の約款等およびすべてのネットワークの規則に従うものとする.

(本システムの変更,追加または廃止)

  • 第11条    情報企画部は,本システムの全部もしくは一部を変更,追加または廃止することができるものとする.この場合,情報企画部は一定の予告期間をもって利用者に通知するものとする.ただし,緊急やむを得ない場合は,この限りではない.
  •         情報企画部は,前項による本システムの全部もしくは一部の変更,追加または廃止につき,何ら責任を負うものではない.

(情報企画部の免責)

  • 第12条    天災,事変その他の不可抗力により本システムを提供できないことに対し,情報企画部は一切その責を負わないものとする.
  •         情報企画部は,利用者が本システムを利用することにより得た情報等(コンピュータプログラムを含む.)について,その完全性,正確性,有用性その他何ら保証しないものとする.当該情報等のうち情報企画部以外の第三者による提供に係るものに起因して生じた損害等について,情報企画部は何らの責任も負わないものとする.

(情報企画部の維持責任)

  • 第13条    情報企画部は,情報企画部の設置した本システム用設備または本システム用通信回線に障害が生じまたは本システム用設備が滅失したことを知ったときは,速やかにその本システム用設備を修理しまたは復旧するものとする.ただし,復旧に関しては一定の時間を保証するものではなく,その間における損害等について,情報企画部は何らの責任も負わないものとする.
  •         利用者は,利用者の責によらぬ理由で本システムの利用に支障が生じていると考えるに足る状況に置かれたときには,その旨を情報企画部に通知するものとする.

(利用者情報の消去)

  • 第14条    情報企画部は,本システム用設備のディスク容量に余裕がなくなるおそれがあるときは,そのディスクに蓄積されている利用者の情報を消去することがある.

(利用者への通知)

  • 第15条    情報企画部は,電子メールによる送信,Webコンテンツへの掲載その他情報企画部が適当であると判断する方法により,利用者に随時必要な事項を通知するものとする.
  •         情報企画部から利用者への通知は,前項に基づきその内容が本システム用設備に入力された日に効力を生じるものとする.

(秘密保持および個人情報の保護)

第16条    情報企画部は,本大学の「個人情報の保護に関する規則」に基づき,本システムの提供に関連して知り得た利用者の個人の情報(以下「個人情報」という)を,次の各号の場合を除き,本人以外の第三者に開示または漏洩しないように努め,かつ,本システムのサービス提供のために必要な範囲を超えて利用しないものとする.

(他システムの規約)

  • 第17条    本内規に定められていない他のシステムおよびサービスの利用に関する内規については,別途定める.

(準拠法)

  • 第18条    本システムの運用については,すべて日本国の法令が適用されるものとする.

TOPへ戻る