Research Collaboration and Promotion Center産学官研究推進センター

センター長挨拶

nakagawa1999年に早稲田大学産学官研究推進センターが承認TLO機関として発足して、はや15年になろうとしております。この間に本学の職務発明規程を制定して、研究成果の特許権利化からライセンシング等の技術移転や共同研究の成立、さらにはベンチャーの創出・支援に関わる産学官連携活動を行ってきました。

2003年からは、知的財産基本法が制定され、同年に文部科学省『大学知的財産本部整備事業』(5年間)に着手し、本学は総額3億円強の予算を獲得して産学官連携活動を実施して、一定の成果をおさめてきました。さらに、2010年度からは、文部科学省「大学等産学官連携自立化促進プログラム」【機能強化支援型】(国際的な産学官連携活動の推進)の採択を受け、産学官連携の自立的な基盤の整備を進めてきました。

本学は、引き続きWaseda Vision 150の実現に向けて、これまでのプログラムにより築いた基盤を活用し国内外における産学連携を推進していきます。早稲田大学の知的財産を社会へ還元し、産学官の連携活動を通じたイノベーションの創出に一役を担えれば幸いに存じます。

2014年11月8日
早稲田大学産学官研究推進センター
センター長 中川 義英

活動内容

特許化活動承認TLO

  • 発明相談
  • 発明の発掘、先行技術調査、技術評価
  • 特許出願、特許維持、特許管理

技術移転活動承認TLO

  • 企業ニーズと大学の研究・技術シーズを繋ぐコーディネート
  • 契約書作成
  • 契約交渉締結
  • ロイヤリティ収入の発明者への還元

ベンチャー企業支援活動インキュベーション推進室

  • 大学のインフラ提供
  • 経営指導
  • 資金調達支援
  • 外部企業、関連企業・官庁・地方自治体との連携促進支援

データ承認TLO

出願者推移

全体実績

2015jisseki_JPN

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる