About Our Research総長挨拶

総長ご挨拶

「国際研究大学」の地位を確立し、アジアのリーディングユニバーシティへ

グローバル化が進展する一方で、環境・エネルギー、貧困、地域紛争など地球規模の課題が深刻化する今、真の世界平和と人類の幸福を実現するためには、大学が中心となって新しい価値観、新しい科学技術や社会システムのあり方を提示すると同時に、次の時代を牽引していく優れた人材を育成することが求められています。早稲田大学は、これら社会からの要請に応え、アジアのリーディングユニバーシティとしての確固たる地位を築くために、新たな中長期計画“Waseda Vision150”を策定し社会に提示するとともに、その具体的な活動を開始しています。

“Waseda Vision 150”では、創立150周年を迎える2032年に本学のあるべき姿(ビジョン)を思い描き、その実現に向けた13の核心戦略と具体的なプロジェクトを提示しています。学術研究面では、総合大学の強みである多様な分野での知の集積を活用し、社会の複合的な課題の解決に結びついたイノベーティブな独創的研究を発展させ、その成果を組織的な戦略のもと社会へ還元していくことで、世界トップクラスの「国際研究大学」へ進化することを目指しています。2032年、「世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究」を展開する早稲田大学が、よりよい社会と明るい未来の創造のため、世界を先導する姿を思い描き、その実現に向けた歩みを進めています。

Waseda Vision 150が掲げる2032年のWASEDAの研究

「世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究」

創立150周年に向けて動き出した中長期計画“WasedaVision 150”。2032年のWASEDAの研究ビジョンに「世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究」を掲げ、本学の独創的な研究が、人類の知を拡充・組織化し、環境・貧困・災害・紛争等の地球的課題の解決に貢献することを目指しています。その実現のために、主に3つの核心戦略のもと具体的なプロジェクトを実行しています。

これまでも本学は、研究院体制を新たに整備し、学術院の枠を越えた研究者間の交流の促進や本学が戦略的に遂行すべき重点研究の創出に取り組んできました。さらに、国内の他大学に先駆けて、専従の研究マネジメント人材(URA:University Research Administrator)を配置した研究戦略センターを設立し、研究者の学術研究活動とそれを取り巻く国内外の研究動向の調査による本学の研究力の分析・評価を行い、本学が推進すべき研究戦略と実現可能な方策を提言するなど、積極的に本学の研究力強化にも取り組んできました。

Waseda Vision 150では、研究ビジョンが実現できる国際的に評価された研究拠点を形成するために、研究支援体制・制度の点検・強化、若手研究者プロモーションの推進、研究組織・体制の整備、国際共同研究の推進を進めていくと同時に、社会の変革にも対応すべく新たな研究分野の開拓にも挑戦し、よりよい未来の実現に寄与する大学であり続けられるよう前進していきます。

「世界の平和と人類の幸福の実現に貢献する研究」に向けた核心戦略

  • 独創的研究の推進と国際発信力の強化
    競争力のある研究組織の体制整備や研究支援のより一層の充実、研究の国際発信の強化などを行う。
  • 世界のWASEDAとしての国際展開
    海外の大学・機関との戦略的パートナーシップの構築を図るなど、国際展開を推進する。
  • 新たな教育・研究分野への挑戦
    人文・社会・自然科学を横断する新たな学問領域の創出に挑戦し、将来的に早稲田が取組むべき学問分野の展開を考える。

研究力強化本部の設置

早稲田大学は、世界水準の優れた研究を進め、国際的に通用する研究体制・環境の改善に取り組む世界的な成果が見込める大学として、文部科学省「研究大学強化促進事業」に採択されました。

本学は、本事業をWaseda Vision150の取り組みを重点的かつ強力に推進する原動力として位置付け、事業推進母体に総長を本部長とする「研究力強化本部」を設置しました。この研究力強化本部では、Waseda Vision150に基づいた研究力強化のための3つの基本方針を打ち出し、世界と競える研究集団の形成と社会と結びついた実学を推進します。そのための研究推進体制の強化、研究環境の整備・改革の加速化と着実な取り組みの実行を通して、国際研究大学としての地位を確立していきます。

研究推進体制の強化としては、研究戦略センターの機能を増強し、URAの的確な配置と活用を通した研究推進業務の高度化と効率化を実現します。研究戦略推進支援業務、プレアワード業務、その他の連携業務を担う体制を整備し、研究者がより円滑に研究活動を実施できるシステムを構築します。

研究力強化のための3つの方針

研究を事業化し国際研究大学としての地位を確立

  • 研究の組織化
    チーム型、組織型研究の拡充・強化
  • 研究指向の展開
    社会の課題と結び付いた分野への新たな挑戦
  • 国際化推進
    国際共同研究への一層の推進、国際人材の活用

研究理念

Page Top
WASEDA University

早稲田大学オフィシャルサイト(https://www.waseda.jp/top/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。より快適にご利用いただくため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。

このままご覧いただく方は、「このまま進む」ボタンをクリックし、次ページに進んでください。

このまま進む

対応ブラウザについて

閉じる