HOME > 緊急特集! どうだった? コロナ禍での大学生活

緊急特集! どうだった? コロナ禍での大学生活

先輩たちに聞きました

新型コロナウイルス感染症の流行により、様変わりしてしまった日々の生活。思いがけない事態に戸惑いつつも多くを吸収して過ごす2020年度入学の先輩たちに、学生生活の様子や受験生のみなさんへのメッセージを聞きました。さらに上の学年の先輩からのアドバイスも! 早大生のほんの一例ではありますが、ぜひ参考にしてください。

答えてくれた人:

【2020年度1年生】
I.Tさん 商学部1年生。東京都出身で実家住まい。14科目をオンラインで履修。
さいとう3さん 基幹理工学部1年生。埼玉県出身で実家住まい(通学時間は往復6時間)。35科目をオンラインで履修。
まいやんさん 商学部1年生。静岡県出身で寮生活中。16科目をオンラインで履修。
Aさん 商学部1年生。山梨県出身で寮生活中。20科目をオンラインで履修。
【2020年度2年生・3年生】
ばにらさん 文学部2年生。ボランティアサークルエスポーワール、出版サークルRe:ALL製作委員会所属。
しほさん 文化構想学部2年生。出版サークルRe:ALL製作委員会所属。
ずみちょんさん 政治経済学部3年生。地域活性化サークルいすみっこ早稲田、農業サークルこだま、ボランティアプロジェクト トーキョーサバイバー所属。
あさん 社会科学部2年生。農業サークル所属。
れいさん 文学部2年生。歌舞伎研究会所属。
CTさん 文学部2年生。芸術系サークル所属。

Q. 授業がオンラインになると決まったときの気持ちは?

I.Tさん

大学の授業というのはもちろん初めてなのでもともと少し不安な気持ちがあり、それがオンラインになってより増しました。

まいやんさん

学校行きたかったなぁ。

さいとう3さん

通学時間ないの嬉しい! 教職も取ろう!

Aさん

この状況ならしょうがないと思いました。

Q. オンライン授業はどうですか?

まいやんさん

隙間時間を使って効率的に授業を受けるようにしました。

さいとう3さん

友達が作りにくい、周りのノートを見られない、指示を聴き逃したら周りに聞きにくい点で困りました。先生も、学生の表情が見えないので先生がやりづらそうでした。勉強の上での工夫としては、録画を残さないタイプの先生の授業は画面録画をする(もちろん公開はしないのでセーフ)などしました。

Aさん

困ったことがあったときに、同じ授業の子に聞きづらかったです。授業は淡々と進んでいく感じですが、「ブレイクアウトセッション(オンライン授業で、少人数にグループ分けされる機能)」では少し談笑する感じでした。

I.Tさん

クラスメイトに、ちょっとしたことを気軽に聞きづらく困りました。

上級生からのアドバイス

  • グループワークがある授業を取って、クラスメイトとラインを交換しよう!(しほさん)
  • まず授業の先生に「学生同士でコミュニケーションを取れる手段を作ってください」とお願いしてみることからかなと思います。秋学期にいくつかの授業で頼んだらLINEのOpenChatやDiscordなどの交流用チャンネルを用意してもらえました!(CTさん)
  • オンライン授業で友達を作るコツは、まずはブレイクアウトセッションで積極的に話すことだと思います!!(ばにらさん)
  • 顔出し授業など会話がある授業で積極的に話しかける(あさん)

Q. 大学に入学して、新しく友達ができましたか?

まいやんさん

寮やサークルでできました。サークルは友達から情報収集して入りました。

I.Tさん

自分はあまりできていませんが、サークルに入るとできやすいと思います。

Aさん

寮やサークルで。SNSでサークルを検索して探しました。

さいとう3さん

Twitterやインスタで自分からDMしたり、友達の友達をたどるなど。基礎実験の授業でも友達ができました。あとはさまざまなサークルの新歓に友達と参加して入会しました。

上級生からのアドバイス

  • サークルを探すには、説明会やオンラインのイベントに積極的に参加してみましょう! 現在はコロナの影響から対面での新歓が行われていないため、SNSを通した新歓に力を入れるサークルも多いと思います。Twitterやインスタグラムで「#早稲田新歓」「#早稲田サークル」で検索。具体的に興味のある分野がある人は、その後半角開けて分野のキーワードを入れると、いろんなサークルが見つかるはずです。たとえばボランティアサークルを探すには「#早稲田新歓 ボランティア」ですね。気になるサークルを見つけたら、興味がある旨や活動内容についてDM(ダイレクトメッセージ)を送ってみてください。サークル側としては新入生が自分のサークルに興味を持ち、コンタクトを取ってくれることはとてもありがたく、喜ばしいことです。なので、迷惑になるかもなんて遠慮せずに、どんどん連絡してみてください。(ばにらさん)
  • サークルはTwitterや早大生向け情報誌『Milestone Express』で探す。授業では、まず履修について聞いてからLINEを交換すると話しやすいと思います。(あさん)
  • 知らない相手に連絡する勇気が出ないという人、逆に考えれば、オンラインだと自分に合わなかったときも後腐れなく終われるよ!(しほさん)
  • 顔が見えないことはデメリットでもありますが、逆に文章で好印象は作れます。こちらがプラスの感情で向かっていけばそれはきちんと伝わると思います。(CTさん)
  • Twitterで「#春から早稲田」で検索! オンラインだからこそ質問がしやすいから、質問をきっかけに仲良くなるのもありです!(ずみちょんさん)

注)「#春から○○大」などのハッシュタグには、悪意のある勧誘、誘導が紛れている可能性もあります。個人情報を安易に交換しない、大学に関係のない主催者によるイベントには参加しないなど十分な注意を払ってください。

【受験生に励ましのメッセージ】

Aさん

大学の勉強ができないわけではないし、むしろ移動の時間がなくなり自由な時間が増えます! 自分の時間が増えて、新しいことに挑戦できると思ってくれれば良いと思います。

まいやんさん

どうとでもなるさ。

さいとう3さん

むしろこの状況を利用して新たな活動している人もいる! 自分次第で楽しめる!!

I.Tさん

受験勉強とコロナ禍で不安がとても大きいと思いますが、来年度は今より状況が良くなっていることを信じて頑張ってください。

しほさん

オンラインという状況を逆に生かして、いろいろチャレンジしてみよう!!

あさん

諦めずに頑張って!

ずみちょんさん

大学生活はこれまで想像していた以上に自由で、楽しくて、人生で一番キラキラしている時間だと思います! 高校以上に楽しいから今は頑張って!

れいさん

サークルは入ってから自分に合わないと感じる場合もあるので、初めはいくつか多めに入っておくのがいいと思う。

ばにらさん

ただでさえつらい受験期にコロナや新しい方式のテストなどが重なっていて、受験生のみなさんにとってはとてもしんどい時期だと思います。しかし自分を追い込んだり、不安ばかり感じたりしてもいいことはありません。不安でいっぱいになったときは深く息を吸ってみるといいと思います。
また、不安を沈めるのにオススメなのが感情を切り離してみることです。ロルフ・ドベリの『Think clearly』という本に「感情は飛んでは去っていく鳥のようなもの」という一文があります。私はこの本を読んでから不安や悲しみ、焦りを感じると目を閉じて、鳥が飛んできて止まっている場面を想像することにしています。そうすると心が落ち着き、感情に振り回されずにいられるのです。

CTさん

まずは充実した高校生活を送ってください。受験勉強だけに高校時代を捧げてしまうのは勿体なさすぎます。息抜きとして気づいたらやってしまっていること(絵を描いたり小説を読んだり)が実は自分が一番好きなことかもしれないし、何気ない放課後の友達とのおしゃべりは一生の思い出になるはずです。その日々を大切に過ごしてください。

早稲田で待ってるよ!