早稲田祭ホームページ

このページは早稲田祭に関する最新情報をリリースしている早稲田大学の公式ページです。最新の情報が入り次第随時更新しております。このページに関するご意見・お問い合わせなどは早稲田大学学生生活課TEL03(3202)0706までお寄せください!

2000年度早稲田祭について

 

7月の学部長会において、早稲田祭について慎重に審議を行った結果、本年度の早稲田祭は開催しないこととしました。

4年前の1996年度早稲田祭において、革マル派に操られた学生たちが主導する第43回早稲田祭実行委員会は、早稲田祭の重要な財源の一つである広告収入を確保するための広告募集活動を意図的に怠り、その結果、1サークルに過ぎない早稲田大学新聞会が「早稲田祭を成功させるために」と称して広告を募集し、収入を得ました。この「広告収入の横流し・横取り」問題が解決しないため、翌年8月1日の臨時学部長会において1997年度早稲田祭の中止が決定されました。

以来、大学は、会計の明朗化に責任を負える学生たちが新しく早稲田祭を担うことを期待してきました。一昨年度は早稲田祭に向けた学生の動きがあったにもかかわらず、学部長会によって早稲田祭を実施・運営することが認められていない革マル派に操られた学生たちが介入したことによって、また、昨年度は早稲田祭を担う学生の動きがなかったため、いずれの年度も早稲田祭は開催しないことを決定しました。

今年度は、学生諸君の間に、早稲田祭実現に向けた熱心な取り組みがおきています。こうした取り組みに対し、革マル派に操られた学生たちは執拗な誹謗中傷を繰り返してきましたが、早稲田祭実現に向けた署名活動の結果を見て、手のひらを返したように連帯を呼びかけています。このまま推移すると、早稲田祭の運営をめぐって、革マル派に操られた学生たちの介入による主導権争いなど、学生の間に混乱が生じることを、大学は危惧しています。

このような状況をふまえ、7月7日開催の学部長会において慎重に審議した結果、本年度も早稲田祭は開催しないこととしました。しかし、大学は、早稲田祭実現に向けた学生諸君の最近の取り組みが新たな早稲田祭を切り開く一歩となることを期待しています。また、昨年度以上にサークル活動の成果発表を支援する措置を講じたいと考えています。

なお、「理工展・専門展」は、例年通り実施されます。

 以 上

2000年7月7日

早 稲 田 大 学

 


早稲田祭ニュースのページへ戻る
ご意見・ご質問はstudent@list.waseda.jpまで!
Copyright(C)Waseda University. 1996-1998.
First drafted Thu. Nov. 5 1996
Last revised Thu. Apr.16 1998