Part 2  こころ編

言葉やしぐさが表現の手段であるならば、
「心」はその源泉といえるだろう。
心の作用が、コミュニケーションを生み出している。
だからこそ、胸に思うこと、念じる気持ちによって
同じ表現を使っているのに、
相手に伝わる内容や程度が違ってきたりするのである。




Copyright (C) 2004 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2005 October 29.