早稲田大学名誉教授 子安美知子
早稲田大学名誉教授
子安美知子
(こやす・みちこ)
東京大学教養学部教養学科卒、同大学院比較文学修士課程修了後、ドイツに留学。ドイツ文学専攻。2001年3月まで早稲田大学語学教育研究所教授。現在は早稲田大学名誉教授。主な著書に『ミュンヘンの小学生』(中央公論社)、『シュタイナー教育を考える』『“モモ”を読む─シュタイナーの世界観を地下水として』(以上、学陽書房)、『シュタイナー再発見の旅』(小学館)などがある。
 INTERVIEW

児童文学作家 ミヒャエル・エンデが考えた経済思想
 インタビュー 早稲田大学名誉教授 子安美知子

 ミヒャエル・エンデ(1929〜1995)は『モモ』、『果てしない物語』など、数々のベストセラーを残した児童文学作家である。
 彼の残した作品は、現代社会に潜む病巣を鋭くえぐる。とりわけ利潤の追求を旨とする経済システム、そしてその根本にある『お金』のあり方についての考え方には、構造不況にあえぐ日本の現状を再考するヒントがどこかに隠されているようでもある。
 生前のインタビューでは、「パン屋でパンを買う購入代金としてのお金と、株式取引所で扱われる資本としてのお金は2つの別の種類のお金として扱われるべきである」と語ったエンデの言葉の真相は何か。
 彼の作品の翻訳なども手がけ、プライベートでも深い親交を持っていた早稲田大学名誉教授・子安美知子氏にエンデの考えていた経済思想についてお話を伺った。


注1 「パン屋でパンを買う購入する購入代金としてのお金と、株式取引所で扱われる資本としてのお金は2つの別の種類のお金として扱われるべきである」とのエンデの言葉について、深い考察をしている参考図書。

廣田裕之、子安美知子(監修)
『パン屋のお金とカジノのお金はどう違う?
ミヒャエル・エンデの夢見た経済・社会』
オーエス出版社、2001 年

河邑厚徳+グループ現代
『エンデの遺言 根源からお金を問うこと』
NHK 出版、2001 年

注2 ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)によるアントロポゾフィー(人智学)の実践論『社会有機体三層論』のこと。社会という有機体は『自由・平等・友愛』の異なるレベルからなり、この三つは混同されることなく、それぞれが社会の3領域に適用される。自由とは「精神世界における自由」、平等とは「法における平等」、友愛とは「経済における友愛」を意味する。

注3 エンデも若い頃、シュタイナーの「人智学(アントロポゾフィー)」の世界観・人間観に基づいて、自立した豊かな人間形成を目標とする『シュタイナー学校』に2年ほど通った経験がある。ここでは人智学に基づいた、環境保護・自然農法・医学・建築・治癒教育等を含む大きな社会改革運動を(前出の『社会有機体三層論』をあらゆるかたちで)実践している。

  「13、4年前にある日本のジャーナリストがエンデにインタビューをしました。その時、彼は『(注1)僕はパンを買うときのお金は必要だと思うが、お金それ自体が商品になってしまうというのはおかしいと思う』と言いました。普通の商品は時間が経つに連れ、その価値が償却されるのに、お金だけは持っていても腐りもしないし、それどころか増えていくことさえあると。その言葉を聞いて、私もハッとさせられたのを覚えています」(子安)

 パン屋でパンを買うためのお金は、ものをやりとりするのに必要な、交換のための合理的手段としてのお金である。商品としてのお金とは、お金そのものが利潤を生む、すなわち投機目的のお金だ。通常、私たちは前者の、いわゆる交換目的としてのお金をやりとりしているわけだが、大きな資本がなければ、社会的な事業は成り立たない。だが、エンデの『お金自身が商品になってしまうのはおかしい』という言葉には、事業を運転していくために使われる、本来人間に還元されるべきお金も含まれているのだろうか。また、商品としてやりとりされるお金というのはどういう種類のお金なのだろうか。

 「次にエンデから資本主義の本質を突くような話を聞けたのは、彼が『お金の問題をオペラにしようと思う』と言って、グリムが集めた伝説『ハーメルンの笛吹き男』を現代風にした作品を書いた時でした。原作は皆さんもご存知のように、ハーメルンという街でネズミが大発生して困っていたところ、男が現れて笛を吹き、ネズミを追い払いました。しかし、街の人たちは笛吹き男に約束した報酬を支払わなかったため、男はまた笛を吹いて街の子どもたちをどこかへ連れ去って行ってしまうというお話です。

 エンデは笛吹き男が望んだ報酬とは何なのかずっと気になっていたそうです。そして、それはきっとネズミが発生した原因にあるだろうと考えました。彼の作品は『ハーメルンの死の舞踏』としてエンデの眞理子夫人と私が翻訳したのですが、それはゲルトシャイサーという大王ネズミ、お金を排泄物のようにお尻からひり出す『金ひり男』をテーマにしたオペラでした。

 ハーメルンの街のどこかに秘密結社があって、中では『金ひり男』が金貨をひり出します。金貨が1枚出される度に街の何かが死ぬ。木が1つ死に、川が1つ死に、魚が死ぬ、人間が死ぬ。それではネズミをいくら退治しても街は救われません。だから、笛吹き男は報酬として『金ひり男』を要求したというわけです。街の権力者たちはこの秘密を知っていましたが、『金ひり男』を連れて行かれたら自分たちの経済基盤がなくなります。笛吹き男への報酬を拒むと、笛吹き男はこの街には未来がないと考えて、未来ある子どもたちを連れ去ってしまうのです。

 お金を1枚ひり出すごとに、命が1つづつ失われていくというところが、資本主義の魔術的な本質を実に文学的に表現しているなと思いました」(子安)

 エンデは資本主義が持つ危険性。つまり、お金がお金を生むことによって、実質的な価値以上の価値を持ってしまうこと。そのために誰もがお金を必要以上に欲するようになり、お金への欲求が人々のモラルを破壊し、さらには自然環境などもの言わぬ弱者から搾取する原因になっていると言いたいのだろうか。この社会が歪んでいるのは今のお金のシステムに問題があると。

 「エンデがお金の問題を非常に根本的なものだと考えていたのは事実です。でも、もう少し広げて言うならば、社会(注2)という有機体は『自由・平等・友愛』の3層からなり、経済の役割というのはその中の『友愛』にあたるということです。誰しもが他人のために仕事をすれば、社会全体の利益になる。お金というのはそういった人々の経済活動が、血液のように滑らかに循環する目的で使われるのが本来の姿であるというわけです。お金がなければ社会は機能しない。ただ、お金を所有すること自体が目的となってしまったなら、それは経済を滞らせるガン細胞のようなものだと言っているのです」(子安)

 エンデの思想の根底には、資本というものは社会的なものであって、それはいつも社会のため、新しい人間の創造活動のために常に投資され、活かされるべきだというシュタイナーの思想(注3)がある。
 また、資本主義経済はいつも成長率が問題になっていて、私たちは『利潤の追求』を合い言葉に、ものの需要が増え続け、豊かな生活が送れるという経済成長の夢を強制されているとも指摘している。『自由』の名の下に行われる市場でのエゴむき出しの競争が、社会問題となって今、世界のあちらこちらから噴出している要因はここにあるというのである。

 「今までは1つの序列によってのみ、優勝劣敗が決まっていました。でも、私の力とあなたの力というのは量的に比べられるものではないし、競われるべきでもありません。10人いたら10人がそれぞれ違うところで持っている実力を発揮して、他人の良いところを認め合うことができるような社会がこれからは望まれるのではないでしょうか。
 みんながもっと自由に、いろいろな角度から経済のことなどを語れるようになるといいのでしょうね。この不況も、急ぎ足で欲張って、転んで気付くプロセスという意味で必要だったのかもしれませんね。新しいステージに向けてみんなで試行錯誤する。そういう状況に私たち日本人は差しかかったのではないでしょうか」(子安)

 1980年代、経済破局の危機に陥ったドイツ経済界は、現代の賢者と呼ばれたエンデをチューリッヒで行われた会議に招いた。その席上で彼は「100年後の社会がどうなっていてほしいか自由に話し合いましょう」と提案する。この提案は、財界のお偉方によって一蹴されたのだが、100年先のことを考える想像力こそ、安定した経済システムへの変革を求める今の私たちには必要なのかもしれない。

エンデの思想が具現化する!
今、地域通貨が熱い!!
 〜新しい経済システムへの取り組み〜

  1990年代以降、補完通貨と呼ばれる、円やドル、またはユーロ等の法定通貨とは別に発行される通貨が、地域経済を活性化させるため、また環境を保全するためにと、さまざまな目的で注目を集めるようになってきた。それらの多くは地域の人々の活動に根ざした形で発展を遂げているため、『地域通貨』(Local Currency)と呼ばれている。

地域通貨とは何か

 法定通貨は国の中央銀行が発行しているが、地域通貨は地域で生活する市民のイニシアティブで始められるものである。使用範囲はそれぞれの地域で何のために使われるのかという目的によって限定される。しかし、最大の特徴は法定通貨を借りる場合利子がつくが、地域通貨はそれぞれの目的のためのアクティブな流通を促す手段であるため、利子がつかないということにある。つまり、法定通貨のように貯めておくことが無意味な通貨なのだ。

なぜ地域通貨なのか

 90年代以降、急速に進展するグローバリゼーションが、地球市民を不安に陥れた。投資された資本は国境を越え、地球環境を破壊し、さらには地域の地場産業などを壊滅状態に追い込んだ。市場万能主義が蔓延し、皆が投資家としての意識を持ち始めることによって、企業のみならず個人までもが見返りを求める合理主義になびいていく。人と人のつながりさえ、貨幣的信用に置き換えられるようになった。しかし、その信用は決して安定的なものではなく、気まぐれな市場の声1つで乱高下するのである。  地域通貨はもともと不況でお金がなくなった地域に、お金を留めておく手段として始まった。限られた地域の中でしか流通しないため、この通貨を手にした人は地域の中で使ってしまわなければならず、また利子もつくことがないので、貯め込む必然性がない。まさしく『血液のように循環する』お金だ。  しかも、地域通貨では法定通貨のようにお金が持つ高い希少性に縛られることがない。よってお金のための労働から解放され、自分の提供できる(したい)サービスやモノの生産について考え直し、それを伸ばしていこうという市民の『自由』な精神が育つことになる。さらに、地域における福祉活動や介護、環境保護、文化的活動など、通常の経済概念の中だけではなかなか評価されにくかった活動に対する評価のきっかけになり、そこに市民一人一人が『平等』な立場で参加しやすい、互助的な『友愛』経済が進展する可能性があるという。地域通貨は地域で生きる人、皆のお金というわけだ。

地域通貨の可能性

 地域通貨は現在、世界中の3,000を超えるコミュニティで導入されているが、その役割を法定通貨のように考えるには問題が残る。  しかし、巨大な資本に裏打ちされた成長に基づく豊かさを必ずしも必要とせず、もっと身の回りの『生活』を重視するライフスタイルを送りたいと渇望する人たちの間では、今後さらなる盛り上がりを見せるのではないだろうか。

 地域通貨についてもっと知りたい。という人は…

●廣田裕之のHP
http://www3.plala.or.jp/mig/japan-jp.html
 注1参考文献の著者、廣田さんの個人ページ。日本各地で行われている地域通貨団体のページへのリンク集も充実している。

●ゲゼル研究会アーカイブ
http://www.alles.or.jp/~morino/INDEX.HTML
 地域通貨の仕組みがもっと知りたくなったらここ。ゲゼルとは利子のつかない老化するお金の理論を考えたドイツの経済学者のこと。

●Transaction Net
http://www.transaction.net/money/
 海外の地域通貨の総合情報ページ。「LETS」や「イサカアワー」など、世界でも有名な地域通貨についての記述がある。リンク集も充実している。

(2002年1月10日掲載)




Copyright (C) 2002 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2002 January 10.